春を待つ庭から
信州からのバラ便り。時々、猫たちのようすも…

ウィズリー・ガーデン -5- 9/7

ランチで一息ついてカフェを出たところで、今までとは違った雰囲気のエリアに出ました。
ガーデンマップを見返すとモデルガーデンだったようです。

ガーデン

フロックス
一年草のフロックス
もっと早い時季だったらたくさんの一年草を見られたのかもしれません。


コスモス
かわいいコスモス  こんなの初めて見ました。


ダリア
ダリアがこれでもか、これでもか、と、、、



ジュビリー・ローズガーデンに咲いていたバラ
ジュビリー・セレブレーション
ジュビリー・セレブレーション(ER)
どれほど咲いたのでしょう。
エリザベス女王陛下即位50周年を記念して命名されたバラ
ジュビリーとは50年目の記念祭の意味があるそう。


アラン・ティッチュマーシュ
アラン・ティッチュマーシュ(ER)
こちらも驚きの花付き!
どこで見たバラも花がらは残っていました。


ローズガーデン
バラの二番花は終わりかけ。
春の満開時に来ていたら、バラを見る時間がそうとう長くなったはず。
他の植物をたくさん見られたので9月は良かった、と思おう、、、
娘、長時間、付き合ってくれてありがとう。お花は好きなほうだと思うけど、この先、はまることはあるかな?



ローズガーデン横のボーダー
キミキフガ
キミキフガ・ブルネット(Actaea simplex (Atropurpurea Group) 'Brunette')
色濃い銅葉に白いお花のコントラスト
何株、入ってるのでしょうか。すごい花付きです。


サルビア・グラニチカ
サルビア・グラニチカ


サルビア
???
ボーダー花壇でよく使われていたサルビア


  1. 2016/09/26(月)|
  2. イギリス旅行記 2016年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springshower.blog56.fc2.com/tb.php/2837-ccbfdbeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)