春を待つ庭から
信州からのバラ便り。時々、猫たちのようすも…

コッツウォルズ -2- 9/5

バイブリー Bibury

詩人・画家、工芸デザイナー、思想家など、いくつも肩書のあるウィリアム・モリスが「英国で最も美しい村」と賞賛した所。
モリス、私はインテリアファブリックで知りました。

バイブリー
この坂道の片側の十数件が14世紀に羊小屋や倉庫として建てられ、この地区で一番古い代表的な景観だと添乗員さんが話されていました。(写真がぜんぜんダメですね。)
石灰岩で造られた蜂蜜色の家並みをタイムスリップしたような気分で歩いていたら、なんだか心が穏やかになれたような・・・
実際に暮らしている人は観光客が毎日、押し寄せてどうなんでしょうね。

↓こちらはもう少し新しいかな
バイブリー

バイブリー

バイブリー
クレマチス タングチカ系でしょうか。
今、咲いてるもの、花がら、たくさん!旺盛に長く咲いているのがわかります。
地植えのホクシャはイギリス中でよく見かけました。今年、この斑入りのと似ている原種のホクシャを買いましたが、夏の暑さで枯れてしまいがっかり。
やはり気候が合ってなかったようです。
私たち親子の色合いがこのお宅にしっくりなじんでいるんじゃないかと。(笑)


バイブリー


バイブリー


バイブリー


バイブリー


バイブリー
この石積みの花壇。ヘーベが元気でした。




バイブリー 川
この橋を渡って↑の方へ
赤くちらちら見えているお花はセントランサス・ルブラ
セントランサス
土が無いところからこぼれ種で出てきているようで、強いなーと思いました。
この先、あちこちで見かけたお花。長野では短命宿根草です。

バイブリー
川の水が澄んでいてきれいでした。鴨も住み心地がいいでしょうね。


バイブリー
通り沿いのお庭をきれいにしているお宅。
oldroseさんも2012年9月に行かれて同じ場所、アップしていました。


バイブリー スワンホテル
スワンホテル
ミソハギがいい感じ。

スワンホテルのプライベートガーデン
スワンホテルのプライベートガーデンだそうです。↓全部
グンネラが見事!

スワンホテルのプライベートガーデン

スワンホテルのプライベートガーデン


スワンホテルのプライベートガーデン


スワンホテルのガーデン


スワンホテルのプライベートガーデン


バイブリー ショップ
バイブリーのアンティーク屋さん
グリーンの鳥のジャグがあったなんて、この写真でわかったわー
鳥をモチーフにした物を多く見かけました。
鳥好きな娘はこの後、別の所で鳥グッズ2点、お買い上げでしたね。
ストーンはお安かったけどさすがに買えません。



ブロードウエー Broadway

ブロードウェイ
広い道という意味の名前だとか。村の真ん中に広い道が通っていて、ショップも明るい印象。
結局、何も買い物をせず、この村を最後にロンドン、ビクトリア駅まで2時間くらいの帰路は眠り込んでしまいました。
眠れたのですっきりして、リバティデパートへ。


  1. 2016/09/14(水)|
  2. イギリス旅行記 2016年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springshower.blog56.fc2.com/tb.php/2824-5d93017f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)