春を待つ庭から
信州からのバラ便り。時々、猫たちのようすも…

種プレゼント-3- 宿根草

ジギタリス・ルテア
6/7

ジギタリス・ルテア
6/12
ジギタリス・ルテア (Digitalis lutea) ゴマノハグサ科
種蒔きから開花まで2年かかりますが、それからは長く宿根してくれる。
お花は控えめで葉も細く、きれい。主張しないジギタリスはどんなバラ、草花とも合うので本当に重宝。
もう庭の定番になってから10年以上。
始めは北側だけでしたが、こぼれ種で殖やし、南側のメインガーデンにも何株も咲かせている。
秋、なるべく早くか、春蒔きがいいように思う。
一番、最初の種蒔きは春でしたが、その後は取り蒔きしているので発芽の時季は確認していない。




ヘレニウム・オータムロリポップ
6/23 花期は長く、秋遅くまで咲いている
ヘレニウム・オータムロリポップ (Helenium puberleum Autumn Lollipop)  キク科
昨年、秋に出かけた白馬・小谷方面で皆さん、ヘレニウムを上手に使っていました。
こちらは黄色やオレンジのとは、タイプが違って、背が高くなり、お花も地味。
でも、少し見直したので久しぶりに紹介しました。
(こぼれ種であちこちから発芽するので、だんだんイヤになるかも。)



オダマキ・チョコエートソルジャー
4/28
オダマキ・チョコレートソルジャー (Aquilegia viridiflora 'Chocolate Soldier' ) キンポウゲ科
風情があって、小型のオダマキ
今、あまり売ってるのを見かけませんね。



ダイアンサス
5月下旬~6月  花期は長い
ダイアンサス・カルスシアノルム (Dianthus Carthusianorum)ナデシコ科
マットに広がるダイアンサスが多い中、高さがあり、蕾の濃い赤がいいアクセントになります。



ダイアンサス・スピキュリフォリウス
5/22
ダイアンサス・スピキュリフォリウス(Dianthus spiculifolius) ナデシコ科
マットに広がり、乾燥を好むので庭の前面に。
切れ込みの細かい花びらが特徴。
この秋は種蒔きして増やしたい。



  1. 2015/08/31(月)|
  2. 種 2015年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springshower.blog56.fc2.com/tb.php/2657-64e7dde0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)