春を待つ庭から
信州からのバラ便り。時々、猫たちのようすも…

パリ旅行-2-  11月3日(日) ルーアンへ

パリから日帰りで行ける町であまり遠くない所へ行ってみよう、ということで娘と私が偶然に同じ町「ルーアン」を思い浮かべていました。
ジャンヌ・ダルクが処刑された町で、モネのルーアン大聖堂の連作が有名です。

パリ、サン・ラザール駅から1時間ちょっと、とガイドブックには出ていましたが、実際には1時間半かかり、本数も少なく、乗りたかった列車に間に合わず、1時間もロスしてしまい、ルーアンに着いたら12時を回っていたというなんとも情けない私たち親子。

    サン・ラザール駅
モネの有名な絵画にある三角屋根の駅ですが、どの場所から描いたのでしょう。

ルーアンの駅
ルーアンの駅
旅行の間の写真でこの1枚だけが青空
ルーアン滞在中もすぐに曇ってしまいました。(晴れ女の面目丸つぶれ)

     公園の白鳥
駅から中心地までメトロもあったようですが、歩いてもそう遠くありませんでした。
公園の中を通り抜けるとき、白鳥を見てホッ…
旅先で生き物に出会うと嬉しい。


       サン・ローラン教会

     サン・マクルー教会

木組みの建物
古い教会や木組みの建物があちこちにありましたが、下調べ不足で、帰ってきてからわかったことがいっぱいです。

大時計

     わたし
16世紀につくられたルネサンス様式の大時計
またもや人物写真が少ない旅行になりましたが一応、証拠写真
旅行前に作ったキルティングコートが旅行中のお天気にはちょうど良かったです。


ジャンヌ・ダルク教会
ジャンヌ・ダルク教会
外観が変わった形だったのに写真無し

木組みの建物
教会前のヴィユ・マルシェ広場から
4年前に行ったモンサンミッシェル日帰りツアーのときに寄ったブブロン村の木組みの建物を思いだしました。
ドイツっぽい?(行ったことありませんが)

      ルーアン焼きのお店
ルーアン焼のお店があり、入ってみましたが、とても高価でした。


やっと一番の目的のルーアン大聖堂(ノートルダム大聖堂)へ
外観は修復中で、あちこちにシートがかかって、すっきり見渡せる場所が少なかったです。
モネの「ルーアン大聖堂」の連作のファザードが見られず残念。

   ルーアン ノートルダム大聖堂
   ルーアン ノートルダム大聖堂
   ルーアン ノートルダム大聖堂
内部はとても広くて高さもあり、重厚な感じでした。
第二次世界大戦時には大きな損傷を受けたようで、ステンドグラスではなく普通のガラスが入っているところが多かったです。


日曜でお店はほとんどお休みですが、きのこの切手やすみれのカードに引き寄せられました。
カード屋さん
猫のカードも見えて、家の留守番猫4匹とお外の茶トラ君のことも気になります。


ルーアン美術館
ルーアン美術館
15世紀~16世紀の宗教画から印象派まで幅広いコレクション。第一日曜で無料でしたが、空いていて、のんびり見て回ることができました。
写真は禁止。


夕方、ルーアンから列車に乗ったらすぐに爆睡。時差で、いつもホテルで早く目覚めてしまうので睡眠不足だったのです。パリに戻って晩ご飯、。ホテルのあるサンジェルマンデプレで人気のビストロに行列ができていました。
2010年3月にランチで行ったLe Comptoir du Relais ル・コントワール・デュ・ルレ
美味しかったのを憶えていたので並ぶことに。それほど待ちませんでしたが、食べている間にもどんどん人が並び、人気のほどがうかがえます。

晩ご飯
白身魚とラム。お米のデザート。
たった3品とワインとコーヒーでもユーロ高でびっくりのお値段でした。

それにしても、今回はレストランのリサーチ不足で、ルーアンでもひどいランチを食べるはめに…
2010年のパリはビストロ巡りがテーマで美味しいものいっぱい食べてきたのになー
帰ってきて、心残りなことがあると、またリベンジしたくなります。
行きたかったパリのメルスリー(手芸用品店)、新しくなったオルセー美術館にもタイミングが合わず行けませんでした。
あっ、マレにあるメルスリーではさきちゃんのブラウスの型紙、ちゃんと買ってきました。
洋服は紫、ピンク系のものを探しましたが、残念なことに今年のカラーではなかったみたい。(オレンジ、茶系が多かったような)

あっという間にこの日の翌日が帰国日。4泊6日は本当に短いです。



  1. 2013/11/10(日)|
  2. パリ旅行記 2013年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

Keikoさんへ
娘と何回もヨーロッパへ行けるなんて幸せなことですよね。
夫の理解にも感謝です。
フランス好きは、娘より私なんです。
生き慣れた国に行く方が楽しめるような気がします。
好奇心旺盛な方じゃないからかな。

Keikoさん、行こうと思えばいつだって行けますね。
羨ましいわ。
  1. 2013/11/14(木) 19:35:05 |
  2. URL |
  3. アンジェラ #EBUSheBA
  4. [ 編集]

いいわねー、お嬢さんと二人っきりの旅。
ご主人の心の広さや、アンジェラさんの快活さや、
お嬢さんのフランスへの思いなど、
何年も行かれているだけに、いろいろ思って憧れています。

リベンジ・・・きっとこれからもフランス通いなのね。^^
私もいつか行ってみるわ、一人で。(笑)
  1. 2013/11/14(木) 04:43:59 |
  2. URL |
  3. Keiko #DR3n2SZY
  4. [ 編集]

みさこさんへ
初めてのコメントでしょうか。
ありがとうございます。
ノルマンディーはどちらに行かれたのでしょう。
ルーアンはパリから近い、ということでも寄ってみようかと考えました。
サンラザール駅構内のお店は日曜日でみんな閉まっていたんですよ。
フランスは曜日を意識して計画しないといけませんね。
何度でも行きたいのは私も同じです。
アルザス地方にも行ってみたい!
お天気はどうすることもできませんよね。運にまかせるしかないかな。
ただ、晩秋のパリは晴れる日が少ないようです。
  1. 2013/11/12(火) 21:47:29 |
  2. URL |
  3. アンジェラ #EBUSheBA
  4. [ 編集]

ルーアンへ行かれたのですね。
ノルマンディーからの選択でここが頭にあったのだけれど、結局寄りませんでした。フランスは広いですものねえ~
行きあたりばったりで列車に乗ると失敗もありますね。
サンラザールの駅構内のお店も楽しかったでしょ?1時間くらいつぶせそうな気がするけれど。
何度でも行きたいフランス!!どこの街も素敵だし、手仕事のお店も多いし美味しいものもあるし・・・
お天気が残念でしたね、私は運がよかったのかな?
  1. 2013/11/12(火) 15:39:18 |
  2. URL |
  3. みさこ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springshower.blog56.fc2.com/tb.php/2237-8ecce22b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)