春を待つ庭から
信州からのバラ便り。時々、猫たちのようすも…

旅行記-6- オランジュリー美術館

お花を見出すと時間を忘れてしまう私なので、時間の限られたツアーは辛いものがあります。
時間を気にしながらモネのアトリエだったミュージアムショップでお土産を物色。
カレンダーときれいな定規があったので購入。(自分にも)
きのこのオブジェ(?)はガーデンソイルでも売っていた物でした。

  モネの庭 ショップ
ショップ内もグリーンを基調にしています。


ジヴェルニー
駐車場からの道道沿いにあった建物やギャラリー、ガーデニング用品のお店。
見学してもいですよ、という個人のお庭もありましたが、やはり時間がありません。
お花好き同士で来るのなら、絶対に列車とバスで来る方がいいです。


      ホクシャ
このホクシャが大株になっていて、たくさん地植えされていました。


ジヴェルニー
姫りんごの大木!ノイバラもたわわにヒップをつけています。
ノイバラの木?っていうほどノイバラのヒップしか見えない木もありました。
イギリスではノイバラは雑草、って聞いたことがありますが、フランスでもなのですね。



このツアー、オランジュリー美術館で解散です。(入場料込み)
オランジュリー美術館

モネ 睡蓮
モネの水の庭を実際に見た後に見ると、感慨もひとしおです。
自然光が入る展示室。絵とさえぎるものも無く、開放的。
フラッシュを焚かなければ写真撮影もOKです。


  モネ 睡蓮



美術館を出るとコンコルド広場。
エッフェル塔が見えます。一度もお日様が出てこない一日でした。
コンコルド広場


  1. 2011/09/29(木)|
  2. フィレンツェ・パリ旅行記 2011年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

コメント

おぐおぐさんへ
見せ方がこの絵にぴったりでしょー
モネが生前、パリ市に寄贈を決め、あれこれ注文をつけたそうです。
おぐおぐさんは建築関係のお仕事してたから、この展示室の構造も気になるところでしょうね。
鋭い観察眼だわ。

この5年でフランス、イタリア、スペインのいくつかの美術館を回りましたが、子供たちが学校のお勉強の一環として先生たちと名画の前でお座りしてる光景をよく見かけました。
芸術がすごく身近にあるみたいです。

あと2日ですが続きも見てね。

綿のお花、いつの間にかはじけてましたね。
私も可愛くて、いい子いい子しちゃいました^^
これは春の種蒔きですが、関東圏の方に苗を頂いたから今頃、はじけました。
長野では発芽が遅いので、ちょっと難しいかも。
私も久しぶりにチャレンジしてみようかな。
  1. 2011/10/01(土) 09:15:33 |
  2. URL |
  3. アンジェラ #EBUSheBA
  4. [ 編集]

チーズさんへ
モネの庭、今までフランスに行くとき、人に「モネの庭、いいよ。」って言われても、2月と3月だったので行けませんでした。
チーズさん、ぜひ、開園している4~10月の間に行ってくださいね♪
無性に旅がしたくなるときってありますよね。
娘さんと二人!は素敵な旅になること間違いなしです。
私も猫4匹がいつも心配の種。
なんとか夫の協力で乗り切りました。

アキレギアの発芽報告、嬉しいです♡
開花は再来年なので気長に待ってあげてくださいね。
  1. 2011/10/01(土) 08:59:49 |
  2. URL |
  3. アンジェラ #EBUSheBA
  4. [ 編集]

うわ~!モネの連作っ。青が引き立つ引き立つ!!
さすが「光の画家」と言われるだけあって見せ方も素晴らしい♪
またパノラマが楕円なんですね。正円ではないところが、鑑賞する場所によってとても奥行や光の違いを感じられそうです。

日本の展覧会だと何故か遠巻きに眺めるだけなんですが、
海外の美術館での鑑賞は普通の距離で観ることができるのもいいところですね^^

ん?残りあと3日分の旅行記が楽しみです。

あ、昨日、北側を散歩していたら「綿の花」の実が割れて白いコットンが
見えてました!かわいいです。
うちの庭にも植えたくなりました^^
  1. 2011/09/30(金) 23:35:37 |
  2. URL |
  3. おぐおぐ #-
  4. [ 編集]

モネの庭 素敵ですね。 
私も、もしまたパリに行ける時があればいつかぜひ訪ねてみたいです。

アンジェラさんの旅行記を拝見していると、無性に私もどこかに旅したくなりました。それも娘と二人で行けたらなぁって…。
家のことなど、あれこれ心配するときりがありませんが、思い切って出かければなんとかなるもんですよね。


ひとつ報告です。いただいてすぐに種まきしたアキレギアの芽がたくさん出てきました!うれしいですi-265





  1. 2011/09/30(金) 23:26:51 |
  2. URL |
  3. チーズ #-
  4. [ 編集]

花追人さんへ
モネがこれほど日本贔屓だったことを知り、正直、びっくりしました。
そして、モネは亡くなっていても、ジヴェルニーモネの庭の方たちが高知モネの庭への理解、協力、ありがたいですね。

フランス行きたくなりました?来月、実現しそうですか?
ちょっとはずれにあるのですが、マルモッタン美術館にもモネの絵が素敵に展示されていましたよ。

私はスタンダード接木の講習会で失敗して、その台木のノイバラをガーデンシェッドに這わせようとしていますよー
  1. 2011/09/30(金) 23:12:54 |
  2. URL |
  3. アンジェラ #EBUSheBA
  4. [ 編集]

山茶花さんへ
はい、二女はもう長野には戻ってこないので、こうして一緒に旅行することでいい思い出がたくさんできます。
旅行に関しては頼りになる一番のいい相棒です。

この美術館はモネの睡蓮の絵をより良く観賞できるよう何年もかけて改装されたそうです。

山茶花さんは以前からブログ、見てくださっていたのですね。
ありがとうございます。
きっと、素敵に年を重ねている方だと思います。
コメントでわかりますよ。

>エキウム・ブルーベッダー
暖地では大株になるそうですね。
今、また咲いてるなんてすごい!羨ましいです。
  1. 2011/09/30(金) 22:56:53 |
  2. URL |
  3. アンジェラ #EBUSheBA
  4. [ 編集]

いーくんへ
モネの庭、喜んでもらえて良かったです!
自分が育ててるお花を見つけると、なんでか、ニンマリしちゃいました。
手の届かない庭じゃない、っていうのが嬉しいのだと思います。
私の庭との共通点も確かにありました。
とても及びませんが…
バラもかなりの本数入っていたので、春はバラと草花の競演も見事だったと思います。
モネの庭のグリーン、ちょっと独特なグリーンです。
深くて渋いグリーンは合わない。この色なんだなー、と感じました。

高知のモネの庭も素晴らしいのは間違いなし!
行ってみたいですね~
  1. 2011/09/30(金) 22:43:52 |
  2. URL |
  3. アンジェラ #EBUSheBA
  4. [ 編集]

Keikoさんへ
短い旅でしたが、旅行記はまだ終わってないです。
モネの庭の翌日からまだ2日間いました。
二女との旅行の思い出は、きっと私の生涯の宝物になると思います。

オランジュリー美術館は長い年月をかけて改装され、こんなに素敵になったみたいですよ。

ノイバラ、そちらでもですか!
  1. 2011/09/30(金) 22:33:37 |
  2. URL |
  3. アンジェラ #EBUSheBA
  4. [ 編集]

おはようございます。

西洋の文化と 東洋の文化・・・お互いに 求め合うものなのですね。
クロード・モネは日本の文化を 取り入れて 植栽し 描き続けた・・・

オランジュリー美術館の映像を目にした時 本当にアンジェラさんに
感謝です。
フランス 行きたくなりました。
素晴らしいの一言です。

いーくんさんへ

私は愛媛のモネファンです。
高知はいつでも ご案内します。
是非 足をお運び下さいませ・・・。
 
アンジェラさんへ

私の知人に バラの接ぎ木の先生がいます。
ノイバラの大木 驚きです。
先生に教わった 友人は ノイバラに 二種のバラを 接ぎ木し
スタンダードにして 咲かしています。 



  1. 2011/09/30(金) 10:42:09 |
  2. URL |
  3. 花追人 #-
  4. [ 編集]

思い出の引き出しがまたひとつ増えましたね。
それもお嬢さんとの素敵な思い出が沢山!!

自然光の中での絵画鑑賞、雰囲気も良くて。
いいなーって、羨ましく思ってばかりです(笑)

書き込みこそしませんでしたが数年前からお邪魔してました。
アンジェラさんは綺麗に年を重ねられてるんだなーって思ってました。
私は年はとっても、重ねて行けません、何時になったら・・・・・

昨年頂いたエキウム・ブルーベッダーが零れ種から発芽して
また咲いてます。愛おしいです
  1. 2011/09/30(金) 10:24:06 |
  2. URL |
  3. 山茶花 #-
  4. [ 編集]

おっはよー

アンジェラさんのおかげでモネの庭堪能させてもらいました。
ピンクや黄色のボーダーもあるようですが、
一見無造作にごちゃごちゃ植えたような草花(この中に自分の庭に
あるのを見つけると嬉しい♪)も薄い色の薔薇と合わせてみると
あら優しい色のハーモニーになって~~~これってアンジェラさんの
薔薇と草花の混栽の仕方と通じてる、なんて思ってみましたよ。
あの特徴あるグリーンのあれこれ、まさにヨーロッパの空の色や空気だから合うんでしょうね。
パリのは無理でも日本のでいいから行ってみたいなぁ。
  1. 2011/09/30(金) 09:55:23 |
  2. URL |
  3. いーくん #-
  4. [ 編集]

短くてもとっても充実した旅だったんだなぁって分かります。
お嬢さんとの思い出がまたひとつ増えたことも生涯の思い出になりますね。

美術館内もあまり込み合っていなくて良かったですね。
モダンで清潔で明るい素敵な美術館ね。

ちなみに、ノイバラはこちらでも雑草扱いです。^^;
  1. 2011/09/30(金) 02:54:15 |
  2. URL |
  3. Keiko #DR3n2SZY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springshower.blog56.fc2.com/tb.php/1818-a2f3310d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)