春を待つ庭から
信州からのバラ便り。時々、猫たちのようすも…

今日のマメ

秋になると部屋に差し込む日差しが長くなりお天気の日は暖かです。
マメは私が家に居るとストーカーのようにどこへでもくっついてきます。2階へ行こうとするとダッシュで階段を駆け上ってきますし台所では足元にじとーっと…
でも抱かれるのは嫌いな変な猫なんです。3年前の年末に来たので誕生日を長女と同じ11月11日にしました。もうすぐ3才です。
(もらわれてきた日のことはここに書いてあります。その後の成長の日記はここです。)

マメ マメ

マメ マメ

マメ

マメ マメ

玄関の上の吹き抜けのところがお気に入り。
ニャモはここから玄関へ落下したことがあり、それからはここではくつろげないようです。

猫カレンダー
猫のカレンダー
日本手ぬぐいに描かれた猫の絵がユーモラスでかわいいです。
夫が送ってくれました。


ヘアスプレー

「ヘアスプレー」 今夜、娘と二人で観てきました。
久しぶりに最初から最後まで顔がゆるみっぱなしの痛快な映画でしたよ。ハッピーで前向きな気持ちになれます。お母さん役はジョン・トラボルタ。お父さん役はクリストファー・ウォーケン。この二人のダンスシーンは最高!楽しい映画ですがテーマに人種差別や偏見、といったものが織り込まれていました。

  1. 2007/10/31(水)|
  2. 猫5匹(ニャモ、マメ、クー、ハル、チャイ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コバノズイナとブッドレア

今日もいいお天気でした。だんだん気分は冬終いと来年の春への準備となってきました。
秋もきれいな庭が理想ですが植栽を変え、手入れをしっかりしないと無理ですね。
さて、少しづつ写真の整理です。アップしていないものがたくさんありますから。(最近、物忘れをよくするので同じものが出てくるかも…)

コバノズイナ
10/30
コバノズイナ
10/11
コバノズイナ 花
6/14
コバノズイナ 花
6/16
コバノズイナ・ヘンリーズガーネットItea virginica ‘Henry's Garnet’) ユキノシタ科 落葉低木
昨年の国際バラとガーデニングショーで使われているのを見て気に入り買ってきました。
ずっと鉢のままでしたがやっと先月、地植えに。まだ70センチくらいですがこれは大きくなってほしい木です。
葉は厚みがあってしっかりしています。真っ赤になってもなかなか落ちないので長く楽しめてお花もこの種の低木の中では華やかさがあると思います。


ブッドレア
7/23
ブッドレア
7/23
ブッドレア
9/21
ブッドレア
9/21
ブッドレア ( Buddleja davidii ) フジウツギ科
和名 フサフジウツギ   
英名バタフライブッシュの名の通り蝶が集まる木と言われています。白やブルー、藤色、ピンクなどたくさんの色があります。
9年前のことですが買った小さなポット苗に4本も挿し木が入っていて、これはポットごと植えたら大変なことになると思い庭の4ヶ所に植えたのでした。
みるみる大きくなり、翌年の引越しのときには小さいもの2本をやっと移植しました。
毎年切り詰めていますがすぐに大きくなります。

  1. 2007/10/30(火)|
  2. 花木・果樹など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

最近の庭のようす

ガーデニングのブログなのに3日間も塩辛のままで「これはまずい!」と少々あせっておりました。焦る3
庭の記録として始めたブログなのにさぼりぐせはいけませんね。秋も深まり、時々、妙にトーンダウンしてしまう自分がいます。つい、なんとか障害って言い訳してしまうのですがただの怠け者かもしれません。

シャラ
シャラ
紅葉してきました。特に下の一枝が。
シュウメイギク‘ダイアナ’の花柄を切ったらすっきりしたこと。
ダイアナは大きくならないと思っていたのに昨年あたりから普通のシュウメイギクくらいの丈で咲くようになりこの場所でも持て余します。

こぼれ種から
来年の春に咲くもの
こぼれ種からの芽が大きくなっています。ノネア・ルテア、ダイアンサス・ブラックベアー、ゲラニウム・プラテンセ、ヒメフウロの白、エリゲロン。こんなふうだからなかなか土の改良ができません。

カレンデュラ カレンデュラ
カレンデュラ
春から咲き続ける一株も元気。その株からのこぼれ種での初開花です。きれいな八重咲きも出現しました。うどん粉に弱いけどカレンデュラは優等生です。

ミナズキ

ミナズキ
ピラミッドアジサイ・ミナヅキ
上は10月25日、下は11日撮影です。なかなか標高440メートルの我が家ではきれいにい色付いてくれませんが今日、ドライにするために切りました。

  1. 2007/10/29(月)|
  2. 庭全体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

最近のバラ

先日、たたわわに咲いた秋バラのお庭を見せていただいてから、もうバラをやってます、なんて言うのはやめようと思いました。
でも、こうしてぽつぽつと健気に咲いてくれるバラを見るとやっぱりここに記録しておこうと思って…

アルシデュック・ジョセフ
アルシデュック・ジョセフ
私にとっては難しいティーローズですがこのバラは本当によく咲いてくれます。春にまわりのバラとのバランスが気になる花色ですが寒さに向う秋には暖かみがあっていいかなと思います。

ジャック・カルティエ
ジャック・カルティエ
ポートランド系で1本だけ持っているバラです。昨年は春も秋もよく咲いてくれたのに今年はちょっと元気がありません。そんなバラが多くて悩みます。

グラハム・トーマス
グラハム・トーマス
大きくなるはずのバラなのになかなか本来の姿を見せてくれません。

コーヴェデル
コーヴェデイル
イングリッシュローズですが忘れた頃に咲いてくれる程度の花数。
アンジェラの大きい版みたいなお花です。

ローズムーア
ローズムーア
今年の国際バラとガーデニングショーで買ってきたERです。
葉もお花もオールドのような感じです。来年に期待してるバラ。

ザ・リーブ
ザ・リーブ
この咲き方がこのバラの特徴です。花弁数は少なめでコロンとした蕾がゆっくりほどけていくように咲きます。


  1. 2007/10/29(月)|
  2. バラ雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イカの塩辛

北海道を出てから18年になります。川崎、長野と移り住んで塩辛を作るという人に出会ったことがありません。塩辛が好き、という話しも聞いたことが無いし…
川崎では新鮮なお刺身用のスルメイカが売っているのを見たことが無く、長野に来てからは夏から秋にかけていつも行くスーパーツ○ヤには時々入っています。
やっと昨日、塩辛にできそうな肉厚で新鮮な北海道産のスルメイカを買うことができ、塩辛を作りました。
美味しいです。娘もいっぱい食べてくれましたし私も新米といっしょに食べたら止まらなくなり困りました。(今日はアルコール抜き!)
市販の塩辛は口に合わず食べられませんがこんな感じのお刺身とわた(肝)をあえただけみたいなのは本当に美味しいです。(そのわたもまたぷっくりしたいい色の新鮮なものしか使えません。)

塩辛

塩

美味しい塩を使うこともポイントです。フランスの「セル マラン ド ゲランド」というのがすごく美味しいです。出先で偶然買ったものですが市内にも売っているのがわかって安心しました。

さて、Oさんはこの塩辛、食べられるかな。明日、持っていくからね!

  1. 2007/10/25(木)|
  2. 簡単料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

春に咲いていたアリウム その2

アリウム・シューベリティー
5/26
アリウム・シューベリティー
5/31
アリウム・シューベルティー  (Allium schubertii)  ユリ科
アリウムを一度植えると癖になる、なんて言い方は変ですけど植えないと春に後悔しそうで今時期、あちこちチェックしています。
アリウムの中でもこのシューベリティーが一番使い勝手が良さそう。
花首の長さがランダムでお花が密じゃないところが隣り合う植物のじゃまをしないように思います。こちらもガーデンソイルに入荷中です。


アリウム・アトロパープレウム
5/27
アリウム・アトロパープレウム
5/30
アリウム・アトロパープレウム (Allium atropurpureum
ワインレッドのいい色だったのですが茎がひょろひょろして見栄えしなかったです。初めてのものは咲いてみないとわかりません。

 
アリウム・ギガンチューム
6/11
アリウム・ギガンチューム
6/16
アリウム・ギガンチューム Allium giganteum) ユリ科
アリウムの中では一番巨大で人目を引きます。広い庭じゃないので咲いたときにそこだけ浮いていたかもしれません。一球100円に釣られてしまった感あり。

  1. 2007/10/24(水)|
  2. 球根
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ガーデンソイル 講習会

山本ひろみ先生のソイルでの講習会は6月以来です。(毎月でもいいんだけどな~)
今日も目からうろこみたいなお話しをいっぱい聞けました。主に潅木などの病気や害虫の対処法を具体的に農薬の名前を挙げて説明してくださいました。最近は環境にやさしい新しい薬が出ているようです。
ガーデンに出て実際に「この木のここに入ってますよー」と…
そして肥料についてですが元肥は上から撒いても効果無し。植え込むときに根の下に入れること。土の上に置く肥料は追肥用に限る。有機肥料もいいが安くていい化成肥料も利用する。

ガーデンソイル 講習会

ガーデンソイル 講習会

ガーデンソイル 講習会
先生を囲んでのティータイム

クッキー&紅玉のパン
このクッキーと紅玉のパンは私が焼いていきました。

Sさんのアレンジ
小谷のSさんのアレンジは個性的で大好きなんです。誰にも真似できない彼女独特のセンスでいつも感心しきり…

ベルケア’シルバースパイクス’
ベルケア’シルバースパイクス’
山本先生が春先に持ってきてくださった珍しいキク科の植物。乾燥している場所が好きそう。棘がものすごいです。

講習会の後、ガーデンソイルで知り合ったNさんのお庭を見せていただきました。
ソイルに飾ってあったNさんの秋バラがあまりに見事だったので私からお願いしたのです。
人には秋には来ちゃダメ!と言いながらちゃっかり自分は行くのであります。(笑)
それはそれは素晴らしい花付き。どこぞの遠くのバラ園なんかに行かなくてもこんなに咲いてるお庭があったのね。また春になったら見せていただく楽しみができました。
私もなんとか春だけは人に見せられる庭にしていかないと…。うん!がんばるぞ~

  1. 2007/10/23(火)|
  2. ガーデンソイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

春に咲いていたアリウム

庭に咲くお花もめっきり少なくなり、かといって秋らしい葉ものも無いのでこれからは時々、春に咲いていたものをアップしていこうと思います。今、咲いてるの~?なんてびっくりしないでくださいね。

アリウム・カラタビエンセ

アリウム・カラタビエンセ

アリウム・カラタビエンセ

アリウム・カラタビエンセAllium karataviense) ユリ科
上の2枚の薄ピンクのものは一昨年の秋に植えて昨年の春に咲き、こうして二年目の今年の春にも咲いてくれました。昨年は肉厚な葉で茎も短くかちっとした咲き方でしたが今年はちょっとパワー不足な咲き方。
下のアイボリーのものは今年初めての開花。来年も咲いてくれるといいのですが…


アリウム クリストフィー

アリウム クリストフィー

アリウム クリストフィー

アリウム クリストフィー

アリウム・クリストフィー  (Allium christophii) ユリ科
きれいな球形にお花をたくさん咲かせます。花期が長く1ヶ月近く楽しめてバラの季節の最初から最期まで寄り添ってくれていました。二年目は芽が出てもまともなお花は咲かないので新しく球根を買おうと思っていましたがお店でもネット通販でも見つけることができませんでした。残念!


アリウム シクラム

アリウム シクラム

アリウム シクラム

アリウム・シクラム  (Nectaroscordum siculum subsp. bulgaricum) ユリ科 (ネクタロスコルドゥム・シクラム)
すーっと花首を伸ばし下向きのベル型のお花を咲かせます。渋い紫に色付く前のグリーンの蕾もいい色。お花を上向きにしたらユリ咲きのチューリップのようです。かなり存在感ありです。(ガーデンソイルに入荷中。)

  1. 2007/10/22(月)|
  2. 球根
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

お花を飾ってみました

晴れていいお天気でしたが秋の日はつるべ落としとはよく言ったもので、すとん!と日が落ちてしまい、夕方、すぐに真っ暗ですね。
なんだかしゅーんとなってしまいます。何年か前まではそんな感傷的になっている暇もなくバタバタした夕暮れだったのですが…

マメ&お花
マメ&お花
すぐにこうしてクンクンしにやってきます。先日アップした小菊ですが蕾と咲き始めはピンクで、開くと白くなります。ハーブといっしょに活けてみました。

カレンデュラ
ずっと咲いてるカレンデュラとハーブ
春の種蒔きで一株だけ出た黄色のカレンデュラが今でも咲き続けています。葉はうどん粉ですが…
ビロードのような手触りのゼラニウムの葉がいい香り。グレープフルーツミントのお花は意外にも今頃です。

バラ&クレマチス
バラとクレマチス
ウインチェスター・キャシドラル、賽昭君(サイザウチェン)、クレマチスはジャックマニー系のルージュ・カーディナル


  1. 2007/10/18(木)|
  2. アレンジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

今日の庭から

ミセバヤ

ミセバヤ

ミセバヤ
ミセバヤ (Sedum sieboldii)  ベンケイソウ科
もう5年はここにいて冬が来て消えても翌年には元気に肉厚の葉を展開してきます。洋風にも和風にも便利に使えそう。お花が咲く頃にケムシが付きやすいので注意。


名無しの菊

名無しの菊
名無しの小菊さん
3年前にガーデニング仲間と出かけた蓼科方面で株分けしていただいた可愛い小菊が咲きはじめました。
地下茎で這うように広がるので裏の散歩道沿いに植えています。菊なので当然、花持ちがよく切花にも使えて重宝します。


チェリーセージ
チェリーセージ ラズベリーロイヤル

チェリーセージ
チェリーセージ
色が冴えてきました。秋になってやっと注目されます。

  1. 2007/10/16(火)|
  2. 宿根草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ