春を待つ庭から
信州からのバラ便り。時々、猫たちのようすも…

どうしようー

スモークツリー
スモークツリー
昨年の冬前に変な枝ぶりだったので強剪定しました。今年は低い位置から長い枝が何本も伸びて6メートルくらいにもなっています。
来年、お花を咲かせたいのですがどこで剪定したらいいのでしょう?

プルーン
プルーン
家を建てた6年前に植えた2本のプルーン。昨年、少しの収穫がありました。
今年は数え切れないほどの実が生りましたが収穫を望めないくらい落ちてしまします。
それを腐る前に拾い集める毎日。やはり消毒をしないとダメなのですね。
最近、植えたことを後悔しています。

カミキリムシ カミキリムシ

そして、今日の一番ショックなこと!
カミキリムシがエゴノキの根元に頭を突っ込んでいるところに遭遇。思わず足で踏み潰そうとしたのですが逃げられました。
でも、その後、しっかり捕まえてあの世へ行ってもらいました。
あと2匹、小さいカミキリも見つけてさよならです。一日に3匹もですよ!(デジカメ向けるブログ魂!)

  1. 2007/07/31(火)|
  2. 花木・果樹など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

北側に咲くお花

北側もすっきりしました。先日、ドロシー・パーキンスを夏剪定と称してばっさり切ってしまったからです。
風通しもよくなりました。フェンスの向こう側は敷地ではないけれど草花をいっぱい植えています。農業用水路があって車がすれ違えない細い道、そして川です。
今日はこの草花のところの草取りと増えすぎたラムズイヤー、オレガノ2種、ペニーロイヤルミントの整理をしました。
散歩道なので道行く人が声をかけてくれるんですよ。「いつもお花を見させてもらっています。きれいですね~ 珍しいものばかりですね。」
何が珍しいのかと聞いてみるとラムズイヤーだったりするのですが…

エキナセア

エキナセア
エキナセア (Echinacea ) キク科  別名 ムラサキバレンギク
ガーデンソイルへ行けばこの千倍以上はありますけどね…

アガスタキ

アガスタキ
アガスタキ  シソ科
よくこぼれ種でいろんなところから出てきます。
アガスタキ(アガスタシェ)・アニサータ (Agastache anisata)のようです。

斑入りイワミツバ
斑入りイワミツバ (Aegopodium podagraria)  セリ科
涼しげな斑入りの葉はシェードガーデンの定番ですね。よく増えるというので北側に植えましたが2年たってもそれほどでもありません。

菊

去年の秋に処分品で100円で買った菊。野草っぽいこんな菊が好きです。
昔、転勤で住んだ北海道の北見市。秋の菊祭りをふと思い出しました。
あの頃、菊は嫌いでしたね~(笑)

  1. 2007/07/31(火)|
  2. 宿根草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日の庭から

今日は気温が低く、前日よりマイナス10で20度しかありませんでした。
夜は久しぶりに入浴剤&長袖パジャマです。
暑さに弱い私ですので涼しいこんな日、気になっていたこと、次から次へと片付けていきました。
家が住宅街の歩道の無い道に面していて、南向きで塀も無い、年中オープンガーデンをしてるような庭です。
夏休みを取れない庭なのでせっせと黒点の葉を拾い、茂りすぎは切り戻し、空いたところには何か植える、といったことをしています。
バラはジェーン・オースチン。今年の二番花は今までで一番よく咲いています。

前庭の左側

ユーフォルビア ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト

ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト  (Euphorbia hybrids‘Diamond Frost' )  ドウダイグサ科
セリンセが植えてあって、抜いた場所に今年はいいものを見つけました。
ここは乾燥する一番暑い場所なのですぐに水切れしないものがほしかったのです。
昨年の秋にあるガーデンで見てチェックしていたこのユーフォルビアはこの場所にぴったりでした。
常に株いっぱいに白い小さなお花を咲かせています。近寄ってよく見てみると不思議な形をしています。


  1. 2007/07/30(月)|
  2. 宿根草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今日、咲いていたバラ

ジュビリー・セレブレーション ジュビリー・セレブレーション

ジュビリー・セレブレーション ジュビリー・セレブレーション
ジュビリー・セレブレーション
季節に関係なく同じように咲くバラだと思っていましたが、長いシュートの先で咲いたせいかいつもの端正さがありません。
でも付いた蕾はほとんどきれいに開く優秀なバラだと思います。

エメ・ビベール エメ・ビベール
エメ・ビベール
毎年、一番遅く咲くバラです。6月末~7月上旬に蕾の付かない枝が長く伸びてくるのでそれを思い切りよく切ると、今度は蕾が上がってきます。
可愛いバラなのですが手のかかること!

キャスリン・モーリー
キャスリン・モーリー
うちに長く居るのにずっと不調です。今年は場所替え、と思っていたらご機嫌伺いに咲いてました。

マサコ(エグランティーヌ)
マサコ
これは珍しい咲き方です。


  1. 2007/07/30(月)|
  2. バラ雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の一年草

ブルーカカリア ブルー・カカリア
ブルー・カカリア  キク科
頂いた種ですがブルーのカカリアというのを見たことがなかったので楽しみ&不安でした。
なかなか発芽せず心配でしたがなんとか10ポットくらいの苗ができ、最近、どんどん咲いてきました。
次からはこぼれ種で簡単に増えることでしょう。
開く前は長い茎がうなだれています。エフデギクという別名の通り、筆のようですね。可愛いお花です。



ニコチアナ ラングスドルフィー ニコチアナ ティンカーベルの種から

ニコチアナ ラングスドルフィー  (Nicotiana langsdorfii)  ナス科
左がoldroseさんにこの春、頂いた苗です。
右は昨年のニコチアナ ティンカーベルからの種を今年、蒔いてできた苗です。(ティンカーベルの色の苗もできました。)
よく似てるでしょう。

ニコチアナ

昨年、この場所で咲いていたもののこぼれ種から。


  1. 2007/07/30(月)|
  2. 一年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日の庭から 二番花

パット・オースチン

パット・オースチン
パット・オースチン
このバラは二番花、三番花がだんぜん、いいです。

ラジオ・タイムズ
ラジオ・タイムズ
樹形が乱れてしまい半分くらいの枝を落としました。
新しいシュートが出てるのでやりやすかったです。

ジェーン・オースチン
ジェーン・オースチン
返り咲きの少ないバラだと思っていましたが今年は違います。
堆肥効果と一番花の後にすぐ枝整理したことが良かったようです。

サイ・ザウ・ツェン
サイ・ザウ・ツェン
こんな咲き方で留まってくれたらいいのですが…

グルス・アン・アーヘン グルス・アン・アーヘン
グルス・アン・アーヘン
開ききるとかなり表情が違ってきます。

チャリティ コーデリア
チャリティ   コーデリア
チャリティもよく咲いてくれます。コーデリアはゾウムシの大好物らしく、春からまともなお花が見られません。


  1. 2007/07/28(土)|
  2. バラ雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

何でしょう?

昨年の秋に佐久市のグリーンマーケットさんで買った宿根草です。名札が無かったような、でも失くしたのか今になってはわかりません。
外で越冬するホクシャと聞き、面白そう、と思って連れ帰りました。(このことも今では定かではありません。)
地植えしていましたが下向きに咲くお花を見るために鉢上げしました。
どんどん伸びて1メートルくらいあります。もしかして桐?とlarixさんが指摘してくれたのですが桐のこともよく知らず…

追記(7/28) グリーンマーケットさんがコメント欄で教えてくださいました。
レイシェステリア・フォルモーサ (Leycesteria formosa) スイカズラ科/耐寒性多年草
掲示板でもお騒がせしましたがこれですっきりしました。

?

?

?

? ?



  1. 2007/07/27(金)|
  2. 宿根草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

山野草講習会とブルーベリー摘み取り

山野草講習会

山野草講習会

長野駅前の平安堂という書店で時々「Caf é ゼミナール」なるものが催されています。
今日はガーデンソイルの講習会でおなじみの山本ひろみ先生が講師をされるということでoldroseさんと駆けつけました。
会場に早めに着いた私とoldroseさんは先生の親衛隊みたいね、と思わず笑ってしまいました。
先生は山野草を広めるに留まらず、希少な山野草を保護する活動へもパワーを注いでいます。
バラの多い私の庭に山野草も少しあるのは3年前に先生に出会って影響を受けたから。
10年先はどうなっているでしょうね。


ブルーベリー

ブルーベリー

ブルーベリー

夕方からは長女と二人でブルーベリーの摘み取りに行ってきました。
高原の爽やかな空気の中で鳥のさえずりをききながら完熟ブルーベリーを木から採って食べる。そして、寡黙になって摘む、摘む、摘む…  あ~~、幸せ!
お腹いっぱい食べてきたけど冷蔵庫で冷やしたブルーベリーがまた美味しいのです。
明日はジャムにでもしなければみんな私のお腹に入ってしまいそうです。(笑)

  1. 2007/07/26(木)|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日の庭から

まだ梅雨明けしてないので雨や曇りの多いお天気ですが皆さんの地域はどうでしょうか。
水遣りは助かっていますが洗濯物がからっと干せません。
気温は高めのせいか庭にやぶ蚊が多くて、これには閉口しています。衣服の上からでも顔にも容赦なく刺すんですよ。皮膚が弱いので人の何倍も腫れてしまいます。

季節感があるとは決して言えない私の庭ですがヒマワリが咲いていたり、夏の定番、アノダが咲き始め、もう春のバラの景色がうそのようです。

ヒマワリ

ヒマワリ

裏で2メートルにもなっています。4年くらい前に歪性化された大きくならないヒマワリを植えていました。毎年、こぼれ種で出てきていましたが昨年あたりからついに歪性化されたものは出てきません。先祖返りしたのかな。

ヒマワリ レモンエクレア

レモンエクレアの種蒔きをして定植する場所を考えているうちにポット苗のまま開花。切花にしてしまいました(7/12)


アノダ アノダ・キャンディ・カップス
3年前に白馬のガーデンマーケットで苗を買ってから毎年、種を採取して育てているアノダ。
今年は初めて白の種蒔きをしたのでピンクはお休みでしたが偶然にも山本先生にピンクの苗を頂きました。
アノダ・キャンディ・カップスという新品種。今までとの違いは何なのでしょう?

カルセオラリア
6月19日に紹介したカルセオラリアがこんなに元気です。



  1. 2007/07/25(水)|
  2. 一年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

梅雨時期にきれいだった宿根草

アガパンサス

アガパンサス

アガパンサス

アガパンサス (Agapanthus africanus) ユリ科
2年前に開花株を植えて昨年お花は少なかったのですが今年は堆肥効果もあってか大株になって花茎が何本も上がりました。
梅雨時期にはありがたい涼しげで清楚なお花。7月上旬から今も咲いています。


モナルダ プンクタータ




モナルダ プンクタータ モナルダ プンクタータ

モナルダ プンクタータ Monarda punctata)  シソ科
ピンクの花びらに見えるものはガクです。
以前、越冬できなかったことがあったのですがこれはどうでしょう。
7月上旬から今も咲いていて、花期が長いです。
普通のモナルダも好きで何回か植えましたがうどん粉がすごくて閉口しました。


スファエラルセア

スファエラルセア スファエラルセア

スファラルセア  (Sphaeralcea ambigua) アオイ科
4年前に頂いたものですがその後、どこの苗屋さんでも見かけません。
2センチくらいの小さな可憐なお花です。アオイ科らしい薄い花びらで蘂にも特徴があります。
葉はシルバーリーフでハーブのゼラニウムのような質感。
立ち姿は他のアオイ科とは違って枝がくねくねして暴れます。6月からずっと咲いていましたがそろそろ終わりそう。

  1. 2007/07/24(火)|
  2. 宿根草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ