春を待つ庭から
信州からのバラ便り。時々、猫たちのようすも…

お庭巡り

今日は総勢10名で上田方面の素敵なお庭を5ヶ所見せていただきました。
それぞれ個性的で工夫のある庭造りに大いに刺激された一日。どの庭も庭主さんの愛情がたっっぷり注がれているのが伝わってきました。

お料理教室のお仲間のFさんのお庭から
古い一季咲きのER、キアンティを見たのは初めて。
雑木の中に上手くバラを取り入れていてとても落ち着けるお庭でした。

キアンティ

ティーローズ

昨年発表の第3回ビズガーデン大賞 金賞を受賞された関さんのお庭(花と緑のある暮らし部門)
いくつかのエリアに分かれていて、どの場所にもオールドローズが元気にたくさんの蕾を上げていました。育て方のこつを伝授していただけましたよ^^
ビズ大賞の賞品、アメリカ産植物10種を植え込んだコーナーがとても楽しみ。

関さんのお庭

関さん BISES賞品



  1. 2006/05/29(月)|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

素晴らしいガーデン

アンディ&ウイリアムス ボタニックガーデン
バラ友からの情報で、ここはいい!と聞いてバラがきれいなうちに、と思い昨日の日曜日、行ってきました。
長野から3時間弱で行けたのですが、帰りは濃霧のため軽井沢の手前で高速を降ろされて渋滞にはまり4時間以上かかって帰ってきました。(運転は友達)
出かけた場所が予想以上に素敵で楽しい一日だったので許せます
ボタニックガーデン

ポールズヒマラヤンムスクランブラー

ボタニックガーデン

エルムルス

池

ボタニックガーデン

アリウム

ポタジェ

コニファーガーデン



  1. 2006/05/28(日)|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ガーデンソイル講習会-3

山本先生の講習会、毎回楽しみにして出かけています。
今日はガーデンソイルの植物を見て回りながら育て方のこつや特徴など教えていただきました。
紅花のマロニエは大変、珍しいものだそうです。今、ソイルで咲いていますよ。
先生が写真で説明しているのはウツギです。たくさんの種類があり、今、注目されているそうです。
ティータイムには美味しいケーキやパンが…。これが楽しみ!?

山本先生

ティータイム

先生が見せてくださったミニバラの盆栽。究極のバラ栽培かも…
小谷村の清さんのアレンジはいつもシックな色合いです。
ミニバラの盆栽 清さんのアレンジ



  1. 2006/05/26(金)|
  2. ガーデンソイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

玄関前

朝日の差す庭を鳥のさえずりを聞きながら見回りをする幸せ…
バラの蕾にほんのり色が見えてきて、わくわく感が高まってきました。
ポーチの柱に巻きつけているのはバフ・ビューティーです。
ちゃんとした誘引ではなく枝を柱に紐で縛っているだけなのでお花が咲き出したら重みでどうなるのかと心配です。
ポストは4月29日に紹介したGAKOさんに特注したものです。鉢が置ける足を付けてもらいました。回覧板も入るちょうど良い大きさです。
玄関前



  1. 2006/05/24(水)|
  2. 庭全体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

種で続いている一年草

リナリア リップルストーン(Linaria aeruginea 'Ripple Stone'ゴマノハクサ科
一昨年、珍しいリナリアを見つけました。宿根するのかと思いましたが親株は越冬できず秋のこぼれ種が翌年の春にどんどん咲きます。春にも発芽してあまり大株になりませんが年内に開花します。何色かあったのですがこの色がほとんどになってしまいました。
シルバーリーフで背も高くならずグランドカバーにいいと思います。
リナリア リップルストーン

リナリア リップルストーン


オンファロデス リニフォリア(Omphalodes linifolia 'Alba'ムラサキ科
これも一昨年のこぼれ 種から始まっています。
種ができたときにそのへんにこぼすことと、半分は秋に直まきしておきます。年内に発芽して翌年のこの時期に開花。
お店で買ったポット苗を庭に植え込んでも唐突な感じがしますが、こぼれ種からのお花は自然な感じがしていいものです。真っ白で造花のような端正さが面白いな、とつくづく眺めてしまいます。
オンファロデス

オンファロデス


セリンセ マヨール(Cerinthe major ‘purpurascens’ムラサキ科
花友達からの一株から種を採って4年目。だんだん花色が青紫から赤紫になってしまいました。
こぼれ種からも発芽しますが長野では冬の間に痛んだり寒さで枯れたりします。
遅めの秋に蒔いて小さな苗で(ポットのままでも)越冬させたほうがいいと思います。
セリンセ


  1. 2006/05/23(火)|
  2. 一年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第8回国際バラとガーデニングショー

私の本館サイトにアップしましたので見てくださいね。
20日の土曜日に行ってきたのですが今年もかなりの人出で熱気に圧倒されてきました。
バラはさすがに買っていません。ここ1週間ですごい茂り方です。私の庭にバラを植えるスペースは無くなってしまった…
前からほしかった宿根草のタリクトラムとなぜかコバノズイナを買ってしまいました。

ローズアベニュー

ローズテラス

  1. 2006/05/22(月)|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

刺繍のバッグ

何日か前から作っていたバッグがやっと出来上がりました。
明日「国際バラとガーデニングショー」に持っていくのに間に合った~
ホビーラホビーレのキッドは今月1日に友達と松本へ出かけたときに買ったもので、途中、Oさんから「進んでる?」とメールがあったとき、「ドキッ!」
20日に使う、と自分に締め切りを出してなんとか仕上げたけど、そうじゃないといつできるかわからないのです。(前科者なので…)
Oさんは私に「種、蒔いた?」と聞かれるのを昨年、恐れていました。
でも蒔いてよかったでしょうー(笑)
持つべきものはちょっと一言の友ですね
刺繍のバッグ



  1. 2006/05/19(金)|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

料理教室-峰の原高原にて-

家からガーデンソイルまで車で30分。そしてそこからマリ子先生のペンションがある峰の原高原まで20分くらいです。
山道を登っていくと車の温度計がどんどん下がっていきます。下は20度で高原へ着いたら15度でした。
芽吹き始めた木々の初々しさを目が追いかけてしまいます。危ないですね、脇見運転は…
今日も季節感あふれるお料理でした。

料理教室

ケーキ デザート
5月のメニュー
 ◇ハーブ寿司
 ◇玉ねぎのファルシー
 ◇筍のグラタン
 ◇蕗のきんぴら
 ◇葛ゼリー
 ◇ケック*プラリネ*オランジュ


  1. 2006/05/18(木)|
  2. 料理教室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宿根草いろいろ

宿根アマ(Linum perenneアマ科
この涼しげな青いお花が咲くと夏の始まり、と思っていましたが今年は気温があまり上がりませんね。
初めて種蒔きしたとき、翌年になってやっとお花を見ることができ感激しましたが、短命というか大株になると株元が木質化してきて、次の年の春には芽が出なくなってしまうことがよくあります。
早めに更新しておくほうがいいでしょう、と言う私もこの株は友達のお庭のこぼれ種からの幼苗をポット上げして頂いたものです。

宿根アマ


クロバナフウロ(Geranium phaeum フウロソウ科
昨年の秋に大きくなりすぎたものを10株以上に株分けしました。地植えなのに真夏によく水切れをおこしていたからです。今は小さな株ですがまたすぐに大きくなることでしょう。
このシックな色と花びらのビロードのような質感がいいな、と思います。

クロバナフウロ クロバナフウロ


ベロニカ ゲンチアノイデス(Veronica gentianoides ゴマノハグサ科
もう4年目の開花です。株も充実してきてこれからもしっかり宿根してくれそうです。
淡いグレイがかった白い小さなお花は派手さは無いけれどこの時期のグリーンの中で目立っていて素敵です。バラの開花前で本当によかった。
ベロニカ ・ゲンチアノイズ

ベロニカ・ゲンチアノイズ



  1. 2006/05/17(水)|
  2. 宿根草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

宿根草いろいろ

オキナグサの花後がユニークですね。
2年前に頼りになる花友に頂いた左隣のヒューケラの渋い葉がこの一角のいいアクセントになっています。葉を楽しむものだと思うのですが花穂も上がっていて嬉しい。(名前がわかりません。)

オキナグサ 花後

ポレモニウム(セイヨウハナシノブ)ハナシノブ科
昨年の秋に何株か植えましたが、残ったのはこの一株だけ。
葉がシダのようです。
ポレモニウム

ポレモニウム

ペルシカリア‘レッドドラゴン’(Persicaria microcephala 'Red Dragon')
ずっとこの色でいてくれたらいいのですがだんだんくすんだ緑色になっていきます。
レッドドラコン


  1. 2006/05/15(月)|
  2. 宿根草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ