春を待つ庭から
信州からのバラ便り。時々、猫たちのようすも…

シフォンケーキ

うちの定番のケーキです。生クリームは最近あまり食べたいとは思わなくなりましたがこのコーヒークリームはプレーンなシフォンに合うのでよく作ります。
甘さ控えめで大人の味です。
昨秋にたくさん作った栗の甘露煮。最後のビンを開けて娘たちとティータイム。
いつか作り方を教えて、と言われる日が来るのでしょうかね~

シフォンケーキ

<コーヒークリームのレシピ>
生クリーム 200cc
砂糖 20グラム
ブランデー 20ccに溶かしたインスタントコーヒー大さじ1/2

<私の失敗談>
初めてシフォンケーキの型を買ったときに、テフロンを買ってしまいました。
型からすべり落ちない状態で(ビンなどに逆さまにさして)冷まさなければならないのにテフロンではすとんと落ちてしまいます。くれぐれもテフロンは買わないように…
<焼成時間について>
30分と書いてあるレシピもありますが、私は170度で60分です。途中30分くらいたって膨らんできたころから焦げてくるのでアルミホイルをかぶせます。


  1. 2006/03/29(水)|
  2. お菓子やパンなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

マメのつぶやき

「今日は午前中にお姉ちゃんの荷物が届き、午後から下のお姉ちゃんの荷物を出したんだよ。引越しのお兄さんとおじさんは午前も午後も同じ人たちで、一日に2回ですね、ってびっくりしてたんだ。そのたびに脱走しないように、ってニャモ姉さんと部屋に閉じ込められて疲れちゃった!下のお姉ちゃんはあさって東京へ行っちゃうんだってさ。淋しくなっちゃうニャン!差し引きゼロだけどね。」

ぐれてやる!



  1. 2006/03/28(火)|
  2. 猫5匹(ニャモ、マメ、クー、ハル、チャイ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

バラ大百花

書店で手に取り、先日は購入をためらったものの、今日また駅の方へ出かけて書店に入ったら、ふらふらとこの本の売り場に行ってしまい家に連れてきてしまった。
もうバラの本は何冊も買っているけど、つい誘惑に負けてしまう私…
栽培や管理方法には力を入れているし、バラについてのコメントは読み応えがありそう。
バラの写真、「この顔じゃかわいそう」と思うものがいくつかあった。
バラの名前の表記もエッ?と思うようなものが…
1000種類くらい紹介しているのに私の大好きなバラ、アンファン・ドゥ・フランスは取り上げられていなかった。
まだ買ったばかりでじっくり読んでいないのでまた後日、感想の報告をしますね。

バラ大百科



  1. 2006/03/26(日)|
  2. バラ雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今年のビオラ

最近、強風の日が多い長野市内。今日も冷たい風が吹いた一日でした。
くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、ときたら花粉症全開!今年は花粉が少ないようなので軽く済んでくれることを祈るばかり…

3年続けて秋に種蒔きをしていたビオラとパンジー。
昨年はなぜか蒔かなかった。きっと面倒くさかったんだろうな~
11月に何種類か買ってコンテナに植え込んだけれど自作の苗が無いこの春はちょっと淋しい気もする。
冬を越して元気いっぱいなのはビオラ。パンジーは少し傷んでいるものもある。

<エンジェル タイガーアイ> 黄色に縞模様なのでかなり個性的。
エンジェル タイガーアイ

<パフェ パイナップル> 大きなコンテナに3株。真ん中にチューリップの球根を埋めましたがどんなふうに咲いてくれるでしょう。
パフェ パイナップル



  1. 2006/03/24(金)|
  2. 一年草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

出窓にバラを飾る…

庭に出ても写真に撮るようなものがありません。(ブログスタート早まったかな~)
保存してある写真でサイトにアップしていないものをまた出してきました。(2003年6月12日撮影)
こんなふうにバラに草花を添えるのが好き。
真ん中のピンクは不調のまま3年いい場所を占領していて昨年の秋に場所替えしたマダム・ピエール・オジェ。斜め上はマダム・イザック・ペレール。白いバラはマダム・ハーディー。マダム揃い踏みですね。(左端のピンクがなぜかわかりません。)
あ~~、禁断症状が!あと2ヵ月半待ちましょう。
この2ヵ月半がまた幸せな時でもあるのですよね♪

6月の窓辺



  1. 2006/03/22(水)|
  2. アレンジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

自家製ハーブのリース

今日も風が冷たくて寒かった。気温は7度まで上がったようだが体感温度はかなり低め。庭に出てもスノードロップとクロッカスしか咲いていません。
こんなときは過去の写真を引っ張り出しましょうー 2002年秋に作ったリースです。

自家製ハーブのリース

このリースを作った頃は今のようにバラだらけになる一歩手前。
ハーブをせっせと干してはシーズンオフのリース作りに使っていたのです。
今の庭からはこんなに収穫できそうにありません。
すべてはバラのために!みたいな植栽になっていること、少し反省…



  1. 2006/03/20(月)|
  2. リース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

ニャモ&マメ、ブログデビュー

本館サイトSpring Showerではおなじみの猫たちですがブログでは初めまして~
マメがうちに来てからの約1年間の記録はマメDiaryのほうを見てくださいね。
(開くと今年の1月ですが一昨年の12月30日が始まりの日です。)
ニャモ 推定9才。6年8ヶ月前に以前の住まいの庭に現れた家出猫。
庭で5ヶ月過ごすが1月の雪の降る日に家に入れて正式に家族とした。
クールな美猫だったが最近は甘え上手。
美猫ニャモ

マメ 1才4ヶ月。うちに来た経緯はマメDiaryのほうで…
赤ちゃんのときは甘えん坊だったのに、今では抱っこがキライ。
でも、私のあとを追ってトイレやお風呂にも付いてくるかわいい子。
名前のとおりチビのままで3、2キロしかない。アビシニアンの血が混じっているのでは、と飼い主は推測してます。顔もシャープでしょー
やんちゃマメ

今日の2匹のようす マメの奇襲に「なにすんのよー!」
マメの奇襲

「ちょいとー、手加減てもん、知らないのー」  マメ、一応反省のポーズ
マメ反省



  1. 2006/03/18(土)|
  2. 猫5匹(ニャモ、マメ、クー、ハル、チャイ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

田中本家のひな祭り

須坂「豪商の館 田中本家」にお雛様を見に行ってきました。
メンバーは須坂に住んでウン十年目で初めてここを訪れるというお料理教室のマリ子先生、ガーデンソイルのスタッフAさん、経理担当で東京から時々来てくださるNさん、そして私。(4人中3人がAB型!)
館内は写真撮影禁止なのでポスターで雰囲気を感じてくださいね。
江戸時代から明治、大正、昭和とそれはそれは華麗な雛人形の数々が保存状態の良いまま展示されていました。

田中本家のひな祭り

庭園も素晴らしく、と言ってもまだこの時期ですので桜も咲いていません。
ふと、紅葉の木に大きな切り口を発見!
一昨日の講習会で覚えた正しい剪定の見本ではありませんか。
ある方のコメントにレスしたものをコピーしてきました。
「庭木を剪定するときの位置ですが、残しすぎてもぎりぎりまで切るのもダメです。幹と枝をつなぐ部分が少し太くなっている部分をブランチカラーというのですが、この部分で切ります。
このブランチカラーを傷つけず枝とブランチカラーの間を切ると、ブランチカラー部分が残り、こぶのように見えますが切り口の部分は塞がりやすく腐りにくいのです。
(2ミリくらいの面取りをするとなおベスト)そのうち木肌が巻き込んできて、切り口はきれいになります。講習会の受け売りですけどね。」

田中本家の庭



  1. 2006/03/16(木)|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

クロッカス開花

いつの間にか咲いていた早咲きのクロッカス。
これから黄色、紫と続き、最後は白だったような…
昨年より早いのでバラの開花も早くなりそうな気がします。

一番乗りのクロッカス



  1. 2006/03/15(水)|
  2. 球根
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ガーデンソイル早春講習会

テーマ「女性でも出来る庭木の剪定」 講師 山本裕美先生
先生は20年間、山野草や寒冷地の草花栽培試験、研究をしてこられた方です。
昨年からは雑木に感心を持ち、樹木医の勉強を始められました。
私たちはガーデニングが大好きで草花やバラには熱心ですが、庭木の剪定は人任せにしたり、放っておいたら大きくなりすぎたなんてことが多いのではないでしょうか。
剪定するにしても、正しい切り方をしないと木に重大な後遺症を残すそうです。
実際にガーデンソイルの庭に出て、剪定の方法を教えていただきました。目からうろこでしたよ。
カミキリムシの対処などもわかりやすく教えてくださいました。

山本裕美先生

今日は気温も低く寒い一日でした。持ち寄りのお菓子でティータイムです。
先生は樹木医という新しい分野の勉強が楽しくてしかたないようす。
一昔前なら入れなかった男の世界だそうです。
医者になるのは難しいけど病気を予防する木の保健士さんになりたいと話されたのが印象的でした。
そんな先生の講習はエネルギーに溢れ、パワーがみなぎっていました。

ティータイム



  1. 2006/03/14(火)|
  2. ガーデンソイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ