春を待つ庭から
信州からのバラ便り。時々、猫たちのようすも…

名残惜しいロンドンと帰国アクシデント 9/9(金)~10(土)

夜は手荷物無しでミュージカルを見たかったので、グリニッジでの買い物をホテルへ置きに戻り、ホテルに近すぎて、なかなか行けなかった↓レイトン・ハウス・ミュージアムへやっと行くことができました。

レイトン・ハウス・ミュージアム
建物の裏側

クレア
19世紀に生きた画家、レイトン卿が収集した美術コレクションが展示されています。
こちらも「CREA Trabeller 熱きロンドン」に出ていて知りました。
中近東のタイルが美しい↑このクレア紙面のアラブ・ホール(撮影禁止)
時が止まったような静寂感。
ロンドンには邸宅を利用した博物館が多数あるそうです。
大きな博物館であちこちうろうろするより、強く印象に残りそう。


とは言っても初ロンドン
ナショナルギャラリーにも行ってみました。
ナショナルギャラリー
今まで行ったヨーロッパの美術館のような感激が無いのはなぜ?




楽しみにしていた2本目のミュージカル 「チャーリーとチョコレート工場」
ミュージカル

ミュージカル
劇場はドゥルーリーレーン・シアター・ロイヤル
コヴェントガーデン(ショッピングモールやマーケットで賑わっている)のすぐ近くで、マンマ・ミーアの劇場にも近い場所です。
映画を観ていたので安易に選んだのですが、けっこう暗いお話、、、
金曜の夜だったせいか、子どもが大勢、ちゃんとおとなしく鑑賞していてびっくりしました。

これでほぼ旅行の日程は終了。
ホテルに戻って荷造りです。


時間が前後しますが、グリニッジに行く前に寄ったセント・ポール大聖堂
チャールズ皇太子と故ダイアナ妃が結婚式を挙げたことで有名な教会です。
教会

教会
インドネシアからという一人旅(?)の女性の写真を撮ってあげたら、お返しに写してくれた2ショット
なかなか人にお願いできない、というか二人の記念写真にこだわりの無い親子なので貴重な1枚です。
それでも、今回は人が写ってない旅行記は寂しいよね、ってことで頑張って写真、載せてみました。

教会のすぐ近くのポール(PAUL)で朝食
朝食
私はここのパンが大好き!
アプリコットパイ、超うまうま~
店内で食べるのと持ち帰りでは値段が違うので、シューケットは帰りに買って、小腹が空いたときに食べました。
長野にこのお店ができたらやばいです、わたし。(ありえないけど)


     *********************

最初は時差に対応できず苦しみましたが、帰るころには熟睡できて、帰国の朝も気持ちよく目覚めました。
何回かチャージして使った大活躍のオイスターカード(日本でいうSuicaのようなもの)を払い戻しにホテル近くのShepherd's Bush駅へ行き、デポジット5ポンドと残金9ポンドくらいが二人分で、30ポンド近く戻ってきました。
以前は窓口でしかできなかったのが、払い戻し可能な券売機であれば、いつでもOK。すべて娘にお任せ。

オイスターカード


駅に隣接するウエストフィールド・ロンドン(大きなショッピングモール)でロンドン最後の朝食
bills パンケーキ
朝食

朝食
まさか、ロンドンでこのふわふわパンケーキが食べられるとは!
7時開店で、最初のお客でした。


ミシン
ここのショッピングモール、タイミングが合わず、初日の夜に夕食を食べたのと、ウエイトローズ(スーパー)を利用しただけで、たくさんのショップが入っているのに、ぜんぜん見ることができませんでした。
こんなに素敵なミシンのディスプレイ!


11時45分発羽田行きの飛行機なので急がねば!
タクシーでヒースロー空港へ。

そこでまさかのブリティッシュ・エアウェイズのオーバーブッキングに遭ってしまいました。
空港で自動チェックインするも、窓口へ、という表示。いやな予感、、、
原因は航空会社が実際の席数より予約を多めに受けていること。
今までの旅行はすべて旅行会社のフリーのツアー利用だったせいか、こんなことは初めて。
乗れるかどうか、結果が出るまでカフェで休んでいて、と言われ、10ポンドのバウチャーを渡され1時間も待たされました。
何席、足りなかったのかわかりませんが、一人旅の若い女性は目の前で乗れることがわかり、急いで搭乗口に向かいました。
私と娘の分は、次の成田行きにも空きが無く、明日の便に乗せるからホテルに1泊するように、と告げられ、困った~
月曜日から仕事の娘は、はい、そうですか、と引き下がれません。
スマホ画面を見せて、19時15分発羽田行きANA便に空席があるか問い合わせるようにお願いしたところ、なんと2枚、席は離れていましたがあったのです。
他社でも便宜を図ってくれて助かりました。
迷惑料も一人500ポンド頂きましたよ。
予定の便に遅れること7時間半。でも、娘も私も当日中に帰れる時間です。ラッキー!

空港
ターミナルを移動して、レストランでゆっくり昼食。

500ポンド、日本円に換金してもレートが悪いし、あぶく銭はきれいに使って帰ろうと娘の提案。
もちろん、私も同感です。
免税店で長女にバーバリーのマフラーをお土産に。私はポール・スミスのストール。そして食事代でほとんど使い果たしました。
すっきり~

今回は結果オーライでしたが、オーバーブッキングを避けるためには24時間前からできるオンラインチェックインでしょうか。



マグカップ
さきちゃんに頼まれていたお土産はお花の柄のマグカップ
ママとお揃いでエマ・ブリッジウォーターで。
はると君にはコッツウォルズでペンギンの可愛いのを見つけていました。
右端のリバティ柄(ウィルトシャー)は3月、二女が仕事で行った時、リバティデパートで私に買ってきてくれたもの。


チョコレート
ロココチョコレート  猫のパッケージに惹かれて・・・
美味しかったです。

長々とロンドン旅行記、読んでくださってありがとうございます。
日付は10月1日ですが、実は10月17日にアップ終了。(汗)



  1. 2016/10/01(土)|
  2. イギリス旅行記 2016年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

グリニッジへ 9/9(金)


6泊8日といっても帰国は10日、ヒースロー空港11時45分発羽田行きだったので(当日、この便には乗れなかった)、ロンドンで遊べる最終日となりました。
夜、もう1本のミュージカルの予定はありましたが、さて、どこに行こうか?
娘はキューガーデンに行ってもいいよ、と言ってくれましたが、ウィズリーで大満足したのでお花は無しです。
オールド・スピタルフィールズ・マーケットが残念な結果で、そのことを気にかけてくれて、グリニッジでアンティークのマーケット、やってることを調べてくれて、急きょ、行くことに。

ロンドンの中心部から地下鉄と無人運転電車のDLRを乗り継ぎ、意外と近かったです。
気軽なショートトリップっていう感じかな。

グリニッジ
街は清々とした印象
右側のピンクのお花のハンギングバスケット(?)
アイビーゼラニウムでした


グリニッジ
国立海事博物館
秋晴れで、ベビーカーのお散歩も気持ち良さそう


グリニッジ


グリニッジ


グリニッジ
建物を通り抜け裏側に出て、グリニッジ公園を進むと小高い丘の上に旧王立天文台があります。


グリニッジ
丘からの眺め
旧王立海軍大学、テムズ川、その奥にビル街


グリニッジ
グリニッジ標準時  24時間時計


グリニッジ



丘を下り、グリニッジマーケットへ

マーケット


マーケット
お手頃なお値段だったし、10年前ならあれこれ買い込んでいただろうなー


マーケット
リバティプリントを使った手作り雑貨も!


そろそろお腹も空いてきました。
マーケット
12時間、ゆっくり煮込んだポークの細切りをタコス生地のようなものに巻いて・・・
辛めのスパイスも効かせてもらい、やっぱり、ここでもビール
屋台を囲むように普通のレストランもあり、そこで娘が調達してきてくれました。(だからグラスなんです)
ポーチドエッグは、、、


マーケット
寿司、照り焼き、中華など、各国料理が勢揃い


パブ
ハンギングバスケットでこんなふうに飾ってあれば間違いなくパブ


カティ・サーク号
カティ・サーク号
昔、インドから紅茶を運んできた帆船


テムズ川
テムズ川


ヴィンテージ・マーケット
絵葉書を出したくて、郵便局まで歩いていたら、道の向こうに、偶然、もう1ヶ所のヴィンテージマーケットを見つけました。


郵便局
郵便局で書いた絵葉書は東京と横浜へここでポストイン
相変わらずの悪筆。そして筆無精。メールなど無い若い頃はちゃんと手紙、書けたのに・・・


ヴィンテージマーケット
ヴィンテージ・マーケットに戻ってここでお買い物。↓のフランスのキャニスター
ぷちぷちに丁寧に包んでくれています。
25ポンドと言われ、20ポンドでは?と値切ったら、22ポンドでどうか、と言われ、その値段で買うつもりで25ポンド払ったら、5ポンド札を返され、にっこりされた。
私の値切り方が甘かったみたい。

イギリスはカード社会。
現金はマーケットとタクシーくらいだと思い、成田空港での両替は4万円だけ。
レートは146円ちょっと。
カード会社からの請求は使った時間で136円から139円でした。


キャニスター

長々と旅行記、書いています。(汗) 
あと1回で終わりにして、先日の小谷村での講習会のこと、報告しますね。


  1. 2016/09/30(金)|
  2. イギリス旅行記 2016年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

博物館をはしご 9/8(木) 

バラ・マーケットの次に向かったのはガイドブックやネットでも、ここはお勧め、と書かれていた「オールド・スピタルフィールズ・マーケット」
木曜のアンティーク市の日に合わせて行ったのに、ハズレでした。
期待が大きかっただけにがっかり。

気を取り直して、大英博物館へ
初ロンドンなのでやはり行っておかなくては。
大映博物館
エントランスは自然光があふれていて気持ちのいい空間
館内、あまりに広すぎて、必見、と紹介されているもの数か所を駆け足で回りました。
ロンドンの博物館やギャラリー、ほとんどが入館無料。
ちょっとの時間でも気軽に入れるのはいいですね。



娘が「CREA Trabeller 熱きロンドン」に出ていて、ぜひ、行っみたいと言っていたサー・ジョン・ソーンズ・ミュージアム
サー・ジョン・ソーンズ・ミュージアム

クレア
撮影禁止だったのでクレア紙面↑
コレクションした芸術作品を飾るために増改築された邸宅は迷路のようでした。



ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館
ここも膨大なコレクション
ファッションギャラリーには20世紀、私も着てたなー、なんてのもあり。(人生、最初の45年は前世紀に生きていた)
V&B博物館

V&B博物館
V&Bカフェは横並びに3部屋
このウィリアム・モリスデザインのモリスルームでコーヒータイム
薄暗いせいか、あまり人は居なかった

V&B博物館

A&V博物館
この綿菓子のような照明
きれいだったなー


この後にはデパート ハロッズへ行ってみた。
1階のフーズ・ホールには中東の高級スイーツやドライフルーツ。
お惣菜やお肉、シーフードも高級で質の良いものばかり。
平日の夕方、裕福そうなお客さんで溢れかえっていてびっくり!
スフィンクスの銅像があるエスカレーターホールも娯楽施設のようでした。

だんだん疲れてきて、夕食はホール・フーズ・マーケットのお惣菜にしようと行ってみたものの、2階のフードコートで豚骨ラーメンを食べてしまった。
美味しかったけどコスパ、悪いのよね。サービス料も含めると25,75ポンド
ポンド安とは言ってもロンドンは物価が高いです。

ラーメン


前日、ウィズリー・ガーデンの日の夕食はマレーシアレストラン Satay House サテイ・ハウス
マレーシア料理
ここはすごく美味しかったです。また行きたい!(多分、無しだわ)
初めてのラクサ 運ばれてきたら、隣の席の男性が「それは何という料理?」と聞いてきて、同じものをオーダーしてました。
シンハービール(小瓶)、二人で3本飲んで39,60ポンド
3人いたら残さず食べられたんだろうけど、私と娘ではちょっと多かった。美味しかったのに残念。

翌日はグリニッジへ。



  1. 2016/09/29(木)|
  2. イギリス旅行記 2016年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

美味しい朝食とバラ・マーケット 9/8

朝食は娘がチェックしていたカフェ「The Muffin Man」へ
チェーン店のカフェも充分、美味しかったし、ポルトガルカフェも良かったけれど、ロンドン滞在中6回のうち、ここが一番、満足度の高い朝食でした。
ケンジントン地区、閑静な住宅街の中にあり、とても落ち着ける家庭的な雰囲気。

朝食
常連さんらしき人たちが続々とやってきて、静かに食事していました。


朝食
外観も店内もおしゃれです。


   朝食
ポット入り紅茶とスコーン2個がセットになっているクリーム・ティーとマフィンとケーキのセットを注文し、娘とシェアしました。
最初から半分に割ってカリカリに焼いてあるのが香ばしくて、今までのスコーンのイメージとは違います。
これが本当に美味しくって!マフィンも最高でした。
レモンケーキはちょっと甘すぎましたが、ミスチョイスだったのかも。
             
       朝食



ロンドンの観光名所にも、ということで国会議事堂の時計台、ビッグベン

    ビッグ・ベン


  テムズ川
地下鉄とバスで移動していましたが、ロンドン・アイから水上バスに乗り、テムズ川を下ってイースト・サイドへ向かいました。観光船ではないのでオイスターカード(日本でいうSuicaのようなもの)で乗れます。
タワー・ブリッジも見れました。



楽しみにしていたバラ・マーケット(Borough Market)にやっと!
木・金・土曜日の営業なのです。
いろんな食材を見て回るのも楽しいし、ここでランチを食べられるのが嬉しいです。

バラマーケット


バラマーケット


バラマーケット

バラマーケット
オリーブのカッティングボード、お土産に頂いたもの、フィレンツェで買ってきたものと、とても重宝しているので、たまたま前日、キッチン用品専門店で見て、購入していました。
このマーケットにも同じような物が売っていて、お値段はどうかな、と見てみたらほぼ同じ。(ホッ、、、)


バラマーケット


バラマーケット


バラマーケット
ここで生牡蠣を食べましたが、う~~ん、、、
ワインも調達してますね。(笑)


バラマーケット
ラクレット
これが大ヒット!
バーナーでとろとろにしたチーズにほくほくのじゃがいも。ピクルスも酢がきつくなくて美味!
忘れられない味!これもどきを家で作ってます。
スイカジュースも濃くて美味しいの。


バラマーケット
かぼちゃのニョッキも目の前で茹でてくれたもの。


バラマーケット
3か所で味見して一番、美味しかったここへ戻ってきて白トリュフオイルを買いました。
12ポンド


バラマーケット


バラマーケット


バラマーケット
平たい桃が食べてみたかったという娘は迷わず5個ゲット
ホテルで食しました。
ホテルの近くのスーパーでもぶどうとマンゴー。果物が美味しくてよかった~


バラマーケット
頭と背中のマッサージ
重いショルダーバッグのせいか肩がこっていたので思わず、私、やってもらうわ!
娘も乗り気じなかったけど付き合ってくれました。
15分、10ポンド
すっきりしました。






  1. 2016/09/28(水)|
  2. イギリス旅行記 2016年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウィズリー・ガーデン -6- 9/7

最後にここに↓足を踏み入れたら圧巻な景色が!
バトルストン・ヒル(Battleston Hill )
ガーデンマップ頼りに植物とバラを探し歩いていて、ここにこんな深い森のようなエリアがあったなんて思ってもみなかったのです。下調べが足りなかっただけかも。(笑) 見逃さずここに来れて良かった。
春には何百ものシャクナゲやツツジが見事だったようです。

人が見えているところが中央のボーダー
Battleston Hill


Battleston Hill
ミナズキのこんな仕立て方
かなりの強剪定でこの花付きでしょうか。
ほんのりピンクがかった色づきが本当にきれいで、晩秋の姿もさぞや、と思われました。


Battleston Hill
左右に小径があり、その先でくつろいでいる人も


Battleston Hill
アジサイはほとんどピンクの色づき  水色に咲いた後?
ベビーカーを押しているピクニック組も


Battleston Hill
赤いお花はクロコスミア?


Battleston Hill
ここも小径の先  進んでみたらよかったのにね。


Battleston Hill



Battleston Hill
きれいな芝生!この幅の広いボーダーが中央


Battleston Hill
ノリウツギ


Battleston Hill
アカカノコユリ  日本原産の固有種


Battleston Hill



Battleston Hill
白いお花はツルハナナスかな?


Battleston Hill
パンパスグラス


Battleston Hill
薄紫色のスイートピー   一年草に見えましたが春蒔きでこの時季開花?


Battleston Hill

Battleston Hill
ペニセタム アロペクロイデス ハメルン(Pennisetum alopecuroides 'Hameln')
この低さなら扱いやすいかも。草と間違えそうだけど。


Battleston Hill
チェリーセージ、ベルガモット、コスモスなど


Battleston Hill
銅葉のアルストロメリア
オレンジ、黄色と派手な色もライムグリーンと合わせていい感じ
芝生の模様はどうやって?



プランツセンター
プランツセンター   午後2時頃   気温もかなり上がっていて、ものすごく暑かったです。
イギリスでは珍しいくらいの蒸し暑さだったみたい。
暑さに参って写真、写す気力が無くなってしまい、ブログ、書くときに困るのです。
でも、植物の写真はたくさん撮っていて、こうして6回にもなってしまいました。


種
花苗も球根も持ち帰れないので種を選び始めましたが、あまりの数にくらくら・・・
暑さも半端なく、集中力に欠け、スイートピー5種類とパケ買いのマディア・エレガンスだけ。

エントランスを出て、アイスクリームスタンドを見つけ、それも大好きなチョコミントがあり、生き返りました。

さて、来るときはWoking駅でタクシーに乗れたけど、ウィズリー・ガーデンでは待機しているタクシーなど無くて、ボランティアスタッフの方に呼んでもらいました。
メーター制のタクシーはブラックキャブ。呼んでもらったタクシーはWoking駅まで15ポンド。ミニキャブでした。(こちらの方がお安かった。)
行きも帰りもタクシーの運転は荒かったわ。
細い道でもスピードを落とさず対向車とすれ違い、冷や冷や~

鉄道と地下鉄を乗り継ぎ、ホテルに戻り、シャワーを浴びてから夕食を食べに出かけました。


  1. 2016/09/27(火)|
  2. イギリス旅行記 2016年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ