春を待つ庭から
信州からのバラ便り。時々、猫たちのようすも…

種の受け付け、始めました

お知らせ

この企画は終了しました。

9/12 23時半

************************

発送の準備がほぼ終了し、明日、投函予定です。種の残量も確認できたので
明日12日、金曜日、午後9時から申し込み受け付けます。15名の方に。
少ししか残っていないものは行きわたらないかもしれません。
この記事のコメント欄にお願いいします。

9/11  22時

*************************


30名の方にお返事、差し上げました。
もし、届いていないという方がいらしたら、コメント欄で連絡ください。

9/9  9時25分

*************************

30名に達してしまいました。
パソコン、夜になって開けた方、ごめんなさい。
お返事と種の確認を済ませたら、もう少しの方に差し上げられると思います。

9/8 16時45分

**************************

今年は私の庭で、こぼれ種で出るものも含め、確実に芽が出て育つものだけリストアップしました。(昨年はただ採取できた、というものがあって、自分で経験の無いものを差し上げてどうなのか、と反省。)
もう、何年もこの企画をしてきたので、かなりの方に行きわたっていて、珍しいものもないと思いますが、ほしい種がありましたら申し込んでください。
初めましての方もどうぞ、遠慮なく。

いつまで続けられるか、一年おきにするか、やめるか、などなど、種を採取しながら考えていました。
今年はなんとかやれました^^


受付期間 9月8日~ 30名の方に

申し込み順ではなく、30名で締め切った後に種を振り分けます。
申し込みの多かった種や採取料の少ない種は少量になると思います。
昨年は一日半で50名の方から申し込みがあり、対応にいっぱいいっぱいになってしまいました。
今年は30名でいったん締め切り、その後、残っている種の様子を見て、また呼びかけたいと思っています。

★初めて申し込む方
欲しい種の名前、ご自分のお名前、メールアドレスも入れてコメントください。その際「秘密:管理者にだけ表示を許可する」にしてくださいね。
私から折り返しメールで私の住所をお知らせしますので、返信用封筒に切手を貼って送ってきてください。(種は第4種郵便なので72円分。封筒に第四種と明記します。もちろん、82円切手でもいいです。)
その封筒の中に欲しい種の名前のメモを入れてください。

★メールのやり取りのある方、今までの種プレゼントで私が住所を知っている方は私から送りますので返信用封筒は不要です。
私からの確認メールが届きましたらそのまま待っていてくださいね。

<お返事について>
遅くても翌日中には届くように出します。
よく私からのメールが届かない、という方がいます。
迷惑フォルダに入ってしまう可能性がありますので、そちらもチェックしてくださいね。

発送はある程度まとめてします。


<種について>
自家採取の種なので、ゴミも混じっていて、きれいな状態でないものもありますし、うまく発芽しないかもしれません。
もし違う色が咲いたらごめんなさい。
育てていた私の環境は長野市内です。冬は-10度くらいまで下がることもある寒冷地。北海道より冬は短く、気温も比べものになりませんが。

専門的なことには答えられませんが質問はブログのコメント欄にどうぞ。

・サポナリア
・リナリア・リップルストーン
・レゴウシア 紫
・  〃    白終了
・スカビオサ・ドラムスティック終了
・イベリス・キャンディーケーン ピンク
・   〃               白
・アグロステンマ・ギタゴ
・ビスカリア
・ギリア・カピタータ

・クパニ
・バレリーナブルー
・フローラルトリビュート
・ペインテッドレディ終了
・ラシラス
・原種の黄色
・ダイアンサス・カルスシアノルム
・ホワイトキャンピオン
・レッドキャンピオン
・クレマチフローラ
・チョコレートソルジャー
・ジギタリス・ルテア
・クラリーセージ
・スイートロケット
・白花ゴウダソウ
・エリシマム
・バーバスカム・リチニチス
・ケンタウレア・エラチオル終了




  1. 2014/09/08(月)|
  2. 種 2014年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:51

種プレゼント -3- 宿根草 二年草

今日の長野市 最低気温  16° 最高気温 28° 晴れ

秋晴れの一日。日が暮れるのが早くって…
まだまだこれから冬至に向かって暗くなるんですよね。


ダイアンサス・カルスシアノルム
ダイアンサス・カルスシアノルム (Dianthus Carthusianorum)ナデシコ科  宿根草
黒みがかった赤いガクが目を引きます。
花茎の長さ、30~40センチと長く、庭に風景を作ってくれる貴重なダイアンサス。
種蒔きして翌年に開花するのも嬉しい。
一株から上がる花茎は一年めは少ないけど二年めになると増えます。
日当たり、風通しを必要とし、埋もれない場所にかため植えすると効果的。



ホワイト・キャンピオン
ホワイトキャンピオン(Silene latifolia) ナデシコ科  短命宿根草
発芽率よく、こぼれ種で庭中、いっぱいになる恐れあり。
それでも、この真っ白な可愛いお花は絶えてほしくありません。
春から夏までずっと咲いていて、途中、切り戻すとまた咲きます。
夏の作業として、大株になって暴れているものは抜き、新しく出ている芽を残しました。
来春にはすぐに立派な株になります。


レッド・キャンピオン
レッドキャンピオン(Silene dioica) ナデシコ科  短命宿根草
ホワイトと同じ性質。
色の濃淡が出て楽しめる。淡いピンクの種を採取しましたがその通りに咲くかはわかりません。



オダマキ クレマチフローラ
オダマキ クレマチフローラ (Aquilegia clematiflora) キンポウゲ科  宿根草
クレマチス咲きのオダマキ。
下向きに咲く姿が楚々として風情があると思います。
薄紫(淡いブルー?)から白っぽく退色。今年はこんな濃い(左の方)色も出ました。



オダマキ チョコレートソルジャー
オダマキ チョコレートソルジャー (Aquilegia viridiflora 'Chocolate Soldier' ) キンポウゲ科
春、早めの開花。
葉も小さく、全体に小ぶり。何年も庭に居るような気がするけどこぼれ種で更新されていたのかな。



ジギタリス・ルテア
ジギタリス・ルテア (Digitalis lutea) ゴマノハグサ科
原種で宿根性が高く、消えないのでとても重宝。お花も葉も小さ目なので他の植物との相性もいい。
最初は(10年以上前)大事に種蒔きしましたが今はこぼれ種を拾って、いろんな場所で咲かせています。
種を差し上げた方から芽が出なかったとよく言われますが、蒔き時が難しいのかもしれません。
好きな時に出てきて、開花は翌々年。気長に待ってください。



クラリーセージ
クラリーセージ(Salvia sclarea) 別名 サルビア・スクラリア、オニサルビア  シソ科  一年草 あるいは短命宿根草
広い場所でおおらかに咲かせたいセージですが、庭の前面に植えてしまいました。
この株は二年続けて開花し、終わり。
一年で終わるもの、二年めに咲くもの。今一つ、性質がつかめません。
こぼれ種でもよく咲くようです。



スイートロケット
スイートロケット(ヘスペリス)(Hesperis matronalis.) アブラナ科  耐寒性一年草 あるいは短命宿根草
一度咲いて宿根したものは大株になり、150センチくらいになりました。
発芽率よく、育てやすい。



ゴウダソウ
白花ゴウダソウ(合田草)(Lunaria annua ‘Alba’)アブラナ科 二年草
大判草、ルナリア、ギンセンソウ(銀扇草)という呼び名も。
開花まで二年。春先、早くに咲いて、バラの頃には種になる姿を楽しみます。
二年おきに種蒔きしてるので来年は見られないと思うと寂しい。


エリシマム
エリシマム・チェイリー・ヴァルカン((Erysimum cheiri 'Vulcan') アブラナ科 二年草
チェイランサス
こちらも開花まで二年。
耐寒性一年草のエリシマムは色幅もたくさんですが、これは

バーバスカム・リチニチス
バーバスカム・リチニチス (Verbascum lychnitis)  ゴマノハグサ科 二年草
この写真は昨年のもの。
今年は目立たないところで一株だけ咲いていて写真撮りそびれました。
開花は二年めなので、今、庭の何か所かに出ているので来年はたくさんお花が見られそう。
種の蒔き時がつかめず、できたとき(8月)と春先にも庭中に蒔いておきました。
このお花、すごく好きなんです。



ケンタウレア・エラチオル
ケンタウレア・エラチオル(Centaurea elatior)
こぼれ種であまり出てこないので、難しいのかもしれません。
種蒔き上級者の方に。


  1. 2014/09/07(日)|
  2. 種 2014年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

種プレゼント -2- 耐寒性一年草 スイートピー

今日の長野市 最低気温  20.1° 最高気温 29.3° 晴れ 夜に雨

厳しい残暑の一日。
長女とさきちゃん、はると君を連れてガーデンソイルへ行ってきました。
GW以来なので半年ぶり。暑いけど嬉しそうにガーデン内、小走りで回る孫たち。
将来、グリーンフィンガーになってくれるかな?ばあばは期待してます♪

スイートピー、今年もバラの時季とぴったり合って、素敵にコラボしてくれました。
種蒔きは遅めの10月初旬から中旬と思っていましたが、今頃、こぼれて芽を出したものもそん色なく育ちました。
春先、雪で傷んだしおれたような茎は切り戻すと株元からまた新しいきれいな茎が伸びてきます。
寒さに当てることで春にはいい株になるので、ぜひ、秋に種蒔きしてほしいと思います。
スイートピー、10年くらい種蒔きしていますが、毎年、庭でえんどう?って聞く方がいて、、、(困)

原種の種は特徴があり、間違うことはありませんが、それ以外はほとんど似ていて、混ざってしまった可能性もあり、違うお花が咲くかもしれません。

クパニ
クパニ
ずっと名無しの2色咲き、と呼んでいたものとイギリスのお土産のクパニが同じと判別。
発芽、育ち、色合いなど今までで一番のスイートピー


      バレリーナブルー
バレリーナブルー
ブルーというより薄紫。グラデーションがきれいでした。



      フローラルトリビュート
フローラルトリビュート
一昨年、フローラルトリビュート ミックスという種から残った1色。
種の写真では素敵な花色が何色もあったのに、、、
上の方で咲いてるピンクはスーパーラベンダーという種類で、種は数粒しか採取できず残念。



      ペインテッドレディ
ペインテッドレディ
あまり伸びず小ぶりでした。


↓原種
ラシラス
ラシラス・サティバス・アズレウス (Lathyrus sativus azureus)
庭植えすると埋もれるので鉢に10本くらい植え込みました。
春になって半分近く枯れてしまい、ちょうどいいボリュームに。
このブルーに会いたくて、数年前に頂いてから、毎年欠かさず種蒔きしています。



原種
黄色の原種  Lathyrus Chloranthus    
原種系ミックスの種から出たので名前不明でしたがスイートピー検索中に名前が判明。
読みはわかりません。
発芽率は悪いのに、こぼれ種からのひょろひょろした苗がぐんぐん育ちました。
直播きの方がいいのかも。


  1. 2014/09/06(土)|
  2. 種 2014年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

種プレゼント -1- 耐寒性一年草

今日の長野市 最低気温  21.5° 最高気温 24.8° 曇り 雨  曇り

種は5月頃から採取しては使用済み封筒などに入れ、名前を書き、(時々、後で書こうと思って、そのままになってしまい不明になったものも、、、)大きな袋や段ボールに放り込む。
それがたまりにたまって…
種蒔きシーズン目前になり、やっと整理して皆さに差し上げられる姿になりました。

毎年、変わり映えのしない私の庭の定番たち。
種蒔き苦手な私(実は!)でも咲かせられる簡単なものばかりですので、未経験な方もチャレンジしてみてください。

過去記事の方が詳しく書いていますので、参考になるかと思います。
2013年 2012年 2011年 2010年 2009年

種の受け付けについての詳細は最後の日に、多分、7日(月曜日)お知らせしますので、途中で申し込みのコメントはしないでくださいね。


サポナリア
サポナリア (Vaccaria pyramidata) 別名 ドウカンソウ、バッカリア  ナデシコ科
今年、数株でしたが、それぞれの場所で存在感発揮。
いい感じに分岐して軽やかに咲いていました。


リナリア・リップルストーン
リナリア・リップルストーン (Linaria aeruginea 'Ripple Stone') ゴマノハクサ科
こぼれ種であちこちから芽を出しますがじゃまになりません。
小さな芽でも越冬し、春にはこんもり茂ります。
だんだん濃いいい色が減っていくのが残念。


レゴウシア
レゴウシア(Legousia pentagonia) キキョウ科
レゴウシア
昨年、白の種を頂きました。
白も紫も可愛らしかった。



   スカビオサ・ドラムスティック
スカビオサ・ドラムスティック(Scabiosa stellata 'Drumstick') マツムシソウ科
発芽率はいいのですが、越冬するのはわずか。
長野市内で耐寒性、ぎりぎり。
花後の種の姿が見たくて毎年種蒔きしています。



イベリス・キャンディーケーン
イベリス・キャンディケーン (イベリス・キャンディタフト)(Iberis amara) アブラナ科
一昨年、濃いピンクが気に入り、昨年、ミックスの種を蒔き、今年は混色しています。
ピンクと白に色分けして採取しました。



          ギタゴ 原種
アグロステンマ・ギタゴ  原種 (Agrostemma githago) ナデシコ科
原種なので雑草のように強い。



ビスカリア
ビスカリア(コムギセンノウ) (Silene coeli-rosa) ナデシコ科 ミックス  
可愛くて可愛くて大好きなお花です。
昨年は寒さのためか、どんどん消えていき、hanasukiさんに春先に頂いた苗が元気で助かりました。
ビスカリア始めた頃はたくさん咲かせていたのに、今は宿根草も増え、ビスカリアたっぷり咲かせる場所の確保ができない。
でも、一年草が多いと一斉に終わるので、急に寂しくなり、やはり宿根草を充実させていかなくては。



          ギリア・レプタンサ
ギリア・カピタータ(Gilia Capitata) ハナシノブ科
以前はこぼれ種で出ていたのにすっかり絶えて、久しぶりに種を頂き蒔きました。
暖地では背が高くなるようですが、長野では30センチくらい。

  1. 2014/09/05(金)|
  2. 種 2014年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2