春を待つ庭から
信州からのバラ便り。時々、猫たちのようすも…

種、ほしいものありますか?

種の申し込み、本日25日で終了しました。
まだこちらから連絡差し上げていない方、もう少し待ってくださいね。


全部の種のアップが終了しました。(四つの記事です。)ほしい種、お名前、メールアドレスも入れてコメントください。その際「秘密:管理者にだけ表示を許可する」にしてくださいね。
メールでも受け付けます。
私から折り返しメールで住所をお知らせしますので、返信用封筒に切手を貼って送ってきてください。種は第4種郵便なので70円分でいいようです。
その封筒の中に欲しい種の名前のメモを入れてくださると助かります。
私からのメールは当日か翌日に必ず差し上げています。二日以内に届いていないようでしたら再度、コメント欄でご連絡ください。

今まで私とコメントやメールのやり取りのある方は私から送りますので返信用封筒は不要です。


<種について>
自家採取の種なのでうまく発芽しないかもしれません。
少量しか無いものもありますのでご希望に添えないこともあります。(終了したものはこのページでお知らせしていきます。)
専門的なことには答えられませんが質問はブログのコメント欄でどうぞ。

・ビスカリア
・オンファロデス・リニフォリア
・リナリア・リップルストーン
・ヤグルマギク 白
・  〃    紫

・  〃   ピンク
・エキウム・ブルーベッダー
・オルレア
・アグロステンマ・ギダゴ
・セリンセ

・ペインテッドセージ 白
・  〃      ピンク
・  〃       紫 終了
・スイートピー 2色咲きとミッドブルー
・スイートピー 美色混合

・スイートピー ブルーベルベッド
・マツカナ
・ラシラス
・ゲラニウム・ピレネカム・ブルーホワイトフェイス 終了
・ゲラニウム・ピレネカム・アルバム 

・ゲラニウム・ロバーティアヌム 終了 
・シロバナモウズイカ
・エサシソ
・バーバスカム・リチニチス
・バーバスカム・タプシフォルメ

・サルビア・スクラレア
・ホリホック
・ホワイトキャンピオン
・レッドキャンピオン
・アキレギア・クレマチフローラ

・ケンタウレア・ユニフローラ
・ジギタリス・ルテア
・シノグロッサム・ミステリーローズ
・スイセンノウ 白
・ヘレニウム・オータムロリポップ

・マリアアザミ


  1. 2010/08/24(火)|
  2. 種 2010年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:44

種、差し上げます -4- 宿根草

今日の長野市  最低気温 23.9°  最高気温 35.3°  晴れ

長野市内、今日も猛暑日でした。一雨ほしいところですね。

孫のさきちゃんが来ていて、昨日からするようになったという寝返りを見せてもらいました。寝返ってうつ伏せになってから戻ってこれませんが…
まだ3ヵ月半ですが、赤ちゃんの成長、早いです。ふにゃふにゃしていた時期なんて1ヶ月も無かったような…

さて、種の最終回です。

 ホワイトキャンピオン
ホワイトキャンピオン  ナデシコ科

このコーナーで種を申し込んでくださった方から私も分けていただくことがあります。
この種も田舎のうさぎさんから頂きました。
初めて蒔く大事な種はトレー蒔きします。昨年の秋、このお花の苗はたくさんできて、庭のあちこちに定植しました。5月中旬から、なんと長いものは今も少し咲いています。
株元を見れば、このまま終わりじゃない様子。短命ではありそうですがちゃんと宿根しそうです。
花期は長く、宿根もするという、なんておりこうなお花!
雌花と雄花があり、雄花は結実しません。(上と右下)
とにかく文句なしの可愛さ!発芽も簡単なので種蒔き初心者さんにはお勧めです。


 レッド・キャンピオン
レッドキャンピオン  ナデシコ科

こちらもkatatakaさんに頂いた種からです。以前、種蒔きしたことのあるお花でしたが、久しぶりに咲かせて、やはり可愛いお花だと思いました。
どちらもバラの側に植えても、いじけず、それなりに咲いていて、半日陰、日向、どちらでも咲く丈夫なお花だと思います。



クレマチフローラ
アキレギア・クレマチフローラ (Aquilegia clematiflora) キンポウゲ科

いつも人気のクレマチス咲きオダマキです。2006年春にグリーンマーケットさんで買った親株は今年、元気がありませんでしたが、昨年、まわりで芽を出していたものをあちこちに移植してあります。(我ながらまめだなぁと…)
とても素敵な咲き方で色も繊細。色違いも欲しいのですがグリーンマーケットさんはもうこの苗は作っていないようです。



ケンタウレア
ケンタウレア・ユニフローラ(Centaurea uniflora) キク科
セントーレアとも発音しますね。宿根矢車菊

これは市内ですがお山に住んでいる花友larixさんから昨年頂いた苗。以前にも同じお花を頂いて咲かせましたが、短命で、二度は咲きませんでした。この株、ずいぶんしっかりしてるので来年もいけそうかな。
種が上手く採取できました。これは増やしたいので私自身も種蒔き、がんばります。
蕾、そこから咲き出す様子がユニークです。



ジギタリス・ルテア
ジギタリス・ルテア (Digitalis lutea) ゴマノハグサ科

ジギタリス、ほとんど二年草で終わってしまいますが、このルテアは原種のせいか宿根性が強く、何年も同じ場所で咲いてくれています。いつも種ができたときに辺りにこぼしておき、新しく更新もしています。
小さなクリーム色のお花はどこに植えてもしっくりなじんでいますよ。
ピンクのバラはアルバのケーニギン・フォン・デンマーク。



        シレネ・ブルガリス
シレネ・ブルガリス (Silene vulgaris)  ナデシコ科

今年、写真が少なかったです。ERのジェフ・ハミルトンとコラボしているのがそうです。
宿根し、こぼれ種でも増え、お花も風情があって良いのですが、バラの陰になると自立せず、どんどん寝ていきます。
庭に何株もありますが、しゃきっと大株になって寝ず咲いてる場所は2ヵ所だけ。


この他に
シノグロッサム・ミステリーローズ
スイセンノウ 白
ヘレニウム・オータムロリポップ
マリアアザミ
あります。どんなお花かはブログ内検索で探してみてくださいね。




  1. 2010/08/24(火)|
  2. 種 2010年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

種、差し上げます -3- 

今日の長野市  最低気温 22.9°  最高気温 35.3°  晴れ

今日は猛暑日!
昨日の種のアップで、来春への思いを熱くしてくださった方が多くいらしたみたいで、私のこんな拙いブログでも皆さんの参考になってる、なんてコメントいただき、嬉しく思っています。

全部の種のアップが終了しましたら(多分、明日には)欲しい種、お名前、メールアドレスも入れてコメントください。その際「秘密:管理者にだけ表示を許可する」にしてくださいね。
私から折り返しメールで住所をお知らせしますので、返信用封筒に切手を貼って送ってきてください。種は第4種郵便なので70円分でいいようです。
その封筒の中に欲しい種の名前のメモを入れてくださると助かります。

今まで私とコメントやメールのやり取りのある方は私から送りますので返信用封筒は不要です。



↓の三種類のゲラニウムは特に種蒔きはしたことが無く、こぼれ種で増えています。親株はいつの間にか消えているので耐寒性一年草と捉えています。種蒔きの時期としてはいつなのかわかりませんが、多分、夏蒔き(今からすぐ)がいいと思います。
  ゲラニウム・ピレネカム・ブルーホワイトフェイス
ゲラニウム・ピレネカム・ブルーホワイトフェイス (Geranium pyrenaicum "Blue White Face") フウロソウ科

以前、山本ひろみ先生が私の庭に来てくださったときに、似たものでゲラニウム・ピレネカム・サマースカイとこのホワイトフェイスがあるものは別物で、大事にするとしたらこちらの方、と教えてくれました。
ずっと気付かずにいたのに、その日から、急にこちらがいい物に見えてきました。(笑)
どちらも増えすぎるくらい旺盛ですが、抜くときはこちらを残します。



ゲラニウム・ピレネカム・アルバム
ゲラニウム・ピレネカム・アルバム (Geranium pyrenaicum Album )  フウロソウ科

今年の庭見学者に大人気でした。もう4年前くらいに、お山のlarixさんに一株頂いたものが増えています。
白花はどんなお花でも人気ですね。



    ゲラニウム・ロバーティアヌム
ゲラニウム・ロバーティアヌム  (Geranium robertianum"Celtic White") フウロソウ科
こちらも人気者。ヒメフウロ(シオヤキソウ)の白花ですが、葉がぜんぜん違うのでこぼれ種で出てきてもすぐに区別がつきます。
突然、庭に咲いていたもので、何かな、と思っていたところ、山本ひろみ先生がいらした日に正体を教えていただきました。
どんどん増えるので、ご近所さんには種よりポット上げして差し上げています。



↓4種類はバーバスカムです。二年草というのか短命宿根草と捉えています。
はじめは大事に種蒔きしましたが、今ではこぼれ種に頼っています。とはいっても、種は硬いので手で潰して辺りにぱらぱらとこぼしておきます。
開花は2年目になるので気長に待ってくださいね。発芽も今、蒔いて来春ということが多いようです。それが再来年の春に咲くということです。ちゃんとトレーに蒔いて、秋に発芽したら来年、お花が咲くのかもしれません。
こぼれ種で更新しているような素人ですので、種蒔きの事はどうかご自分の判断でやってみてください。

 シロバナモウズイカ
シロバナモウズイカ(エサシソウ)(Verbascum blattaria f. erubescens) ゴマノハグサ科

帰化植物のようです。雑草として道端に生えているのを見たことが1回だけあります。
蘂の紫がきれいですよ。


 エサシソウ
エサシソウ(黄色)
北海道の方に頂いた種からもう4年くらい続いています。この黄色に紫色の蘂は本当にきれいでうっとりです。


バーバスカム・リチニチス
バーバスカム・リチニチス (Verbascum lychnitis)  ゴマノハグサ科

北側にたくさん種をこぼしたのに3株だけでした。珍しいお花なのでもっと真面目に種蒔きした方がいいかな。


        バーバスカム・タプシフォルメ
バーバスカム・タプシフォルメ (Verbascum thapsiforme) ゴマノハグサ科

北側の場所が無ければ植えることができなかったと思います。一番、大型になり、場所も取りますので誰にでもお勧めはできません。
でも、きれいでしょ。バーバスカムのお花はみんな図体に似合わず繊細で美しいですよね。



        サルビア・スクラレア
サルビア・スクラレア(クラリーセージ) Salvia sclarea  シソ科

バチカン・ホワイトという品種かもしれません。気まぐれに種を採取しただけで蒔いた経験はありません。
二年草というのでしょうか。昨年の秋に植えて今、もう種を残して終わりです。



    ホリホック 八重
ホリホック 白の八重  アオイ科

種蒔きしたのが一昨年の秋。待った甲斐あって、この砂糖菓子のような八重咲きには感激でした。


  1. 2010/08/23(月)|
  2. 種 2010年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

種、差し上げます -2- 耐寒性一年草

私の庭にスイートピーは欠かせないものになっています。
以前はお豆を栽培してるんですか?ってよく聞かれたものです。
お花屋さんの切花のイメージが強く、庭で咲かせるものではないと思う方が多いようですね。
香り良し、姿良し。もったいなくてなかなか切花にできないくせに、褒められてついつい切って差し上げることも多いお花です。
花後、どんどん汚くなってきますが、種の採取まで我慢。熟すまでけっこう時間がかかります。


スイートピー>
スイートピー 2色咲きとミッドブルー
私が何年も蒔き続けていて、発芽率がとてもいい2色咲きとミッドブルーというのが混ざってしまいました。


      スイートピー
スイートピー 美色混合
これもこの2色が混ざってしまいました。


      スイートピー
スイートピー ブルーベルベッド




マツカナ
マツカナ
原種でしょうか?オールドスイートピー マツカナとも呼ばれているようです。
普通のスイートピーより華奢な感じのお花。葉も細めで種も小さい。香りはこちらの方が強いです。



ラシラス・サティバス・アズレウス
ラシラス・サティバス・アズレウス
昨年、ホタルブクロさんに頂いて初めて蒔きました。
ずっと長野では秋に蒔いても越冬できないのではないかと思っていたのですが、耐寒性はありました。
小さな小さなお花です。ユーモラスな顔してると思いませんか。


  1. 2010/08/22(日)|
  2. 種 2010年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

種、差し上げます -1- 耐寒性一年草

今日の長野市  最低気温 22.2°  最高気温 33.9°  晴れ

昨年同様、私の庭で咲いたお花から採取した種を、ブログを見てくださっている方に差し上げたいと思います。
全部の種のアップが終了しましたら(4回くらいのアップ)欲しい種、お名前、メールアドレスも入れてコメントください。その際「秘密:管理者にだけ表示を許可する」にしてくださいね。
私から折り返しメールで住所をお知らせしますので、返信用封筒に切手を貼って送ってきてください。種は第4種郵便なので70円分でいいようです。
今まで私とコメントやメールのやり取りのある方は私から送りますので返信用封筒は不要です。


ビスカリア
ビスカリア(コムギセンノウ) (Silene coeli-rosa) ナデシコ科

私がこのお花をあまりに好き好きと言うので、BISES編集の方が、夏号の「バラを引き立てるかわいい下草」に取りあげてくださいました。
バラの季節とぴったり合い、庭見学者の方たちにも好評。バラより下草を熱心に見てくださる方が多くて、ついつい草花談義が長くなってしまいます。
直播きして、株間を見ながら間引きします。茎が細く、自立しないので何株か寄せるのがこつ。
始めはミックスの種でしたが、だんだん白が少なくなっています。
あまり花苗、売ってるの見たことありません。これは秋に蒔いて、春の開花を楽しみにしたいお花です。
耐寒性一年草ですが、長野市内より寒い所では秋蒔きは難しいかもしれません。




    オンファロデス・リニフォリア
オンファロデス・リニフォリア (Omphalodes linifolia )  ムラサキ科

造花っぽく感じることがあります。可愛くて飽きずに何年も続けて咲かせています。
秋の種蒔き前に庭のあちこちで芽を出しています。
蒸れに弱く、黒くなってすぽっと抜けることが多いので間引きをしっかり。



リナリヤ・リップルストーン
リナリア・リップルストーン (Linaria aeruginea 'Ripple Stone') ゴマノハクサ科

これも始めはガーデンソイルで買った何株かの苗からこぼれ種で続いています。
秋にできたものが春には大株に。春に芽を出しても小さいなりに開花しています。
移植にも強く、バラの鉢で育苗して違う場所に移したりもしています。花色も微妙に変化してるので咲くのが楽しみです。
バラの株元や他の草花の間に出てきてもじゃまになりません。




ヤグルマギク
ヤグルマギク  白
  〃     紫
  〃    ピンク
(写真ナシ)
ブルーはどこからか出て咲いてくれるのでこの3色の苗を作りました。
植え付けがちょっと不自然な感じですね。バラの横に植えたものは徒長し、倒れてしまい失敗。
やはり風になびくような場所がいいですね。



エキウム・ブルーベッダー
エキウム・ブルーベッダー (Echium vulgare‘Blue Bedder’) ムラサキ科

これは大事にトレイ蒔きして育苗し、定植します。
秋蒔きは長野市内の寒さが限界かな。でも、春蒔きはひょろひょろした苗になってしまいます。
ピンクの蕾からブルーに開花はムラサキ科の特徴ですね。大好きです。



オルラヤ
オルレア(オルレイヤ)グランディフローラ (Orlaya grandiflora) セリ科

どんなお花と寄り添ってもお互いを引き立てあいます。
秋、早いうちに芽を出し、種蒔きの手間要らず。
ガーデンソイルで咲いているとお客さんに「苗はありますか?」とよく尋ねられる人気のお花。当然、その頃には売り切れです。

アグロステンマ・ギダゴ(原種) 一番上に咲いてるピンクのお花

原種なだけあって、しっかり自立して倒れません。普通のアグロステンマよりお花は小さめ。




   セリンセ
セリンセ・マヨール ムラサキ科

秋、早くにこぼれ種から出たものは、茎が冬の寒さや雪にやられてしまいますが、ここは軒下だったので春に巨大化しました。
暖地ではもっともっと大株になるようですね。




ペインテッド・セージ 白
ピンクのバラはジェフ・ハミルトン

  ペインテッドセージ ピンク
ゲラニウムはシュークラッグ

    ペインテッドセージ  紫
サントリナ・シルバーの間からこぼれ種で

サルビア・ビリディス(Salvia viridis) シソ科 別名 ペインテッドセージ、サルビア ホルミナム

ピンク

ペインテッドセージという名前が一番、ピンときますね。
昨年秋に、トレー蒔きで育苗しました。このお花、大好きな方、多かったです。
花期も長く、どんな草花やバラとも合うので何ヵ所にも植えました。


  1. 2010/08/22(日)|
  2. 種 2010年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18