春を待つ庭から
信州からのバラ便り。時々、猫たちのようすも…

マドリッド -5- 最終日

2月15日(日曜日)
前日の夕食を食べ損なったので朝からお腹が空いていました。
ホテルの朝食のビュッフェのレベルが高くて、特にこの日は何を食べても美味しく感じました。
荷造りを済ませ、チェックアウトして、トランクをフロントに預け、最後のスペインを楽しむために出かけました。
昨年のイタリアは帰りの飛行機の時間が早かったのでローマのホテルを早朝6時に出発でしたから朝食も摂る事がでみませんでした。
今回は4便の中から最後の便(夕方6時25分マドリッド発)を選んでいたので余裕です。


時間に余裕があったら行こうと思っていたティッセン・ボルネミッサ美術館へ
プラド美術館の向え側にあります。
年代順、流派別に見やすく展示してありました。日曜のせいか、地元の人、欧米人が多かったです。
17世紀の絵でオールドローズが描かれていたものが何枚もあって、じっと見入ってしまいました。
ティッセン・ボルネミッサ美術館
古い建物と新しく建て増しした部分がありました。

       ティッセン・ボルネミッサ美術館
この大きなコンテナは椿。上手く育っています。

椿
真っ白の八重でした。

    ティッセン・ボルネミッサ美術館  チケット
6ユーロ


牛のオブジェ 牛のオブジェ
このあたりにも牛のオブジェ
いったいマドリッドには何頭の牛がいたのか…



また買い物とランチのために街で一番賑やかなプエルタ・デル・ソルへ。
街のシンボルの熊と山桃の像。ここも記念写真スポットでした。
      熊と山桃の像

ジェラート屋さん

ジェラート
このジェラート屋さんは前日の夜にも食べて美味しかったのでまた寄りました。
大きいほうが私です。(笑)


東京では行列が出来るというH&Mに入り、娘はフェイクレザーのジャケット他4点買って100ユーロちょっと。最後に疲れが出ていた娘もこの買い物で少し元気を取り戻したみたい。現金ですね~


前日の夜に断られたパエリアのお店に、ランチなら空いてるかな、と行ってみましたが、またも予約でいっぱい。人気店はやはり予約すべきでした。でも、その人気の程度がよくわからなかったのです。
教訓としてマドリッドの土曜、日曜は甘く見ないということ。

その後、やっと見つけたパエリアの看板。吸い込まれるようにして入り、定食9ユーロというスペインで一番安い食事にありつきました。
ビールも飲んでこのお値段です。パエリアはたくさんを炊き込んだものだと思いますが美味しかった!
ご近所のお年寄りがたくさん来ていて、時間をかけてゆっくりゆっくり召し上がっていました。
このパエリア、パンにのっけて食べてるのを見て、そうか、前菜なんだー、と妙に納得。
ランチ 

ランチ デザート

マドリッド発18:25パリ行きに乗り、パリ発23:25成田行きで無事、16日(月曜日)19時に成田に到着です。
なんと娘は16日が21才の誕生日。なんとなく飛行機の中で迎えてしまい、本人は釈然としなかったようですが、私からするとすっごく贅沢な誕生日だったと思います。

東京駅から最終の新幹線で長野に戻って、家に着いた時には日付も17日に変わっていました。
楽しかったスペイン旅行もあっという間に終わってしまった…
また来年も娘とヨーロッパへ行けるかな~ 行きたいなー!


長い長い旅行記、お付き合い頂いてありがとうございました。
興味が無くてつまんない方もいらしたことでしょう。
私も一昨年、娘に誘われてフランスへ行くまで海外旅行には縁が無いと思っていました。行ける環境にも無かったですし。
でも、こうして出かけてみると楽しいです。娘との珍道中は一生の宝物になることでしょう。
もし、これからスペインに(過去にフランスとイタリア旅行記も)行かれる方、少しでもお役に立てたら嬉しいです。

さて、娘からもそろそろ猫の写真、見せてよとリクエストがありましたし、庭のようすも・・・
ずっとお天気が悪く、先日の暖かなときに3時間程度、ツルバラの剪定をした程度で春の作業がぜんぜんできていません。
明日からがんばらなくちゃ!



  1. 2009/03/04(水)|
  2. スペイン旅行記 2009年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

マドリッド -4 - 

2月14日(土曜日)
スペイン旅行6日目になりました。この日も朝から快晴です。

王宮へ。もちろんここも撮影禁止。2008もの部屋があるとか…
寒々とした印象しか残っていません。
王宮

王宮 チケット
8ユーロ

王宮周辺にも牛のオブジェ
牛のオブジェ 牛のオブジェ

牛のオブジェ 牛のオブジェ


次はソフィア王妃芸術センターへ
ソフィア王妃芸術センター チケット
3ユーロ
ピカソの「ゲルニカ」があるところ




お昼です。
カヴァ・デ・サン・ミゲル通り
マヨール広場西にあるこの通りにはそれぞれ人気料理のある古い居酒屋が並んでいます。
マドリッド バルのある通り
マッシュルームの鉄板焼きが食べたくて右端のお店に入りました。

バル 看板 バル 看板
どこの国のガイドブックにも載るような人気店?
日本語はッとシが同じ大きさで笑えますね~

バル
テーブル席に案内されましたがカウンターで立ち飲みの人のほうが多かったです。
日本人はきっとテーブル希望とわかっているみたい。

カタクチイワシ オリーブ

     マッシュルームの鉄板焼き
これこれ、マッシュルームの鉄板焼き!
いろんなガイドブックにこれが美味しいと出ていました。評判通りの美味しさ!
ビールとワインも飲んで22.10ユーロ


     マドリッド バル

マドリッド バル
お天気がよくて土曜のせいか街中は賑わっていました。

     マドリッド バル
このへんは建物にペインティングされているのが目立ちました。

お花屋さん
通りに並んでいる花束。日本のスーパーに並んでるお花みたいですね。
その割には高め。




2時半集合  日本人ガイド付きでセゴビアへバスツアー  60ユーロ
マドリッドから北西へ山を越えて  高速道路で1時間20分くらい。
前日のトレドツアーの人3人も来て17人のツアーでした。
ローマ水道橋
ローマ水道橋
2000年前のローマ遺跡

サン・ミリャン教会
サン・ミリャン教会

セゴビア カテドラル
大聖堂の貴婦人と呼ばれる美しいカテドラル
黄色のポストも見えますね。

アルカサル
デイズニーの「白雪姫」のお城のモデルになった宮殿

コウノトリ コウノトリ
大きなコウノトリ  初めて見ました。

アルカサル
上の写真の反対側から
かなりの距離、坂道を下ってきた所に撮影ポイントがありました。

 夕日
帰りのバスの車窓から  夕日がきれいだったこと、きっと忘れません。


渋滞してマドリッド市内へ8時近くに着きました。
お土産など物色にデパートへ。
その後パエリアの美味しいというお店へ行きましたが予約でいっぱいと断られがっかり。
どこも土曜の夜のせいか人、人、人…
あきらめてタクシーでホテルへ。もう夜遅くなり、出直す元気も無く、夕食抜きとなりました。(涙)
マドリッドの土曜の夜を甘く見てはいけません。

  1. 2009/03/03(火)|
  2. スペイン旅行記 2009年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

マドリッド -3- 古都トレドへ

「もし、一日しかスペインに居られないのなら、迷わずトレドへ行け」という名言があるそうです。
中世のまま時間が止まってしまったような佇まいを残すこの街は世界遺産になっています。
トレドの町を一望できる展望台へも立ち寄る4時間のバスツアーを申し込んでいました。(ネットから 日本人ガイド付き 55ユーロ)  
世界遺産 トレド

世界遺産 トレド
奈良と姉妹都市になっています。

      カテドラル
入り組んだ石畳の道を歩いていくとカテドラルが見えてきます。
左からスペイン人ガイドさん、一人旅の女性、日本人ガイドさん。
たった7名の参加者でした。

  カテドラル
スペインで一番権威のあるカテドラルです。
宝物室には豪華な聖体顕示台があって、年一回のお祭りには街中に繰り出すそうです。

写真が無いのですが、サント・トメ教会所蔵、エル・グレコの最高傑作「オレガス伯の埋葬」を見てきました。
この1枚の絵を見にたくさんの人が訪れるため、教会は、決してプラド美術館へは譲らないのだとか…(ガイドさんの話し)

タホ川に映る景色
お天気が素晴らしくて、川の水もきれい。景色が川面に映っています。

案外、このツアーが気に入って、急遽、翌日のセゴビア半日観光も申し込みました。



トレドからマドリッドまでは高速道路で1時間。
7時過ぎにスペイン広場のあたりで解散。夕食はこの近くのシーフードのお店へ。
ベタな観光客向けのお店ですね。
シレナ・ベルデ(Sirena Verde)
夕食

   夕食
グリルをオーダーしたのにボイルが出てきてしまったシーフード盛り合わせ 40ユーロ  高い!
サラダ、ビール、ワイン、パン代も入って75ユーロくらい。


マドリッドの地下鉄は11回利用しました。ホテルの近くのレティーロ駅
地下鉄 レティーロ駅

     マドリッド 地下鉄の切符
10回券なのにとても小さな切符 7.30ユーロくらい

  1. 2009/03/03(火)|
  2. スペイン旅行記 2009年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マドリッド -2- プラド美術館へ

2月13日(金曜日)
旅行も折り返し点です。前日の不調がウソのように朝から元気いっぱい。
朝食を済ませ、9時開館のプラド美術館へ。ホテルからはレティーロ公園内を散歩しながら20分くらいでした。
パンジーがきちんと植えてあります。色もここは黄色に統一。
レティーロ公園

レティーロ公園
大きな人口の池です。アルフォンソ12世の騎馬像が立っています。(今、調べたところですが)

    シジュウカラ シジュウカラ
シジュウカラがたくさん、地面を軽やかに歩いていました。
地中の虫でも食べているのかな。

プラド美術館
プラド美術館  チケット売り場の前にはゴヤの銅像

プラド美術館 ベラスケス像
ベラスケス像  こちらが入り口

    プラド美術館 チケット
6ユーロ  学生証を見せて娘は3ユーロ(安い!)

    ラス・メニーナス(女官たち)
ベラスケス作  ラス・メニーナス(女官たち) 1656年 
フェリペ4世の娘マルガリータ王女  キャンバスを手にしたベラスケス自身も描かれている
日本人ガイドと一緒に回るグループが来て、面白くて、ついつい横で聞き耳を立ててしまいました。
この絵は正面からだけじゃなく、右側、左側からも見るといいのだとか。さっそく私も移動してじっくり見てきました。
(スペインの美術館は撮影禁止でなので絵葉書をスキャン)
ゴヤ、エル・グレコの作品も多数、鑑賞してきました。


マドリッド パトカー
マドリッドの街中、パトカーをよく見かけました。

    噴水
お天気が良くて、噴水の水に春の日が差し、きらきら…
公園も道路も清掃が行き届いていました。


美術館の向えのカフェテリアで軽くランチをすることに。
ベラスケスの「バッカスの勝利」という、今、見てきたばかりの絵の複製画が飾ってありました。
ランチ

     ランチ
ポテトのマヨネーズ、そしてこのなにげないパンが美味しかった。スペインで食べたパンはホテルの朝食、機内食、どこで食べたものも美味しかったです。


街中、あちこちで見かけた牛のオブジェ
闘牛の国だからでしょうね。シーズンであれば闘牛観戦もできたでしょうが私も娘もぜんぜん興味がありません。
牛のオブジェ 牛のオブジェ

牛のオブジェ 牛のオブジェ

牛のオブジェ 牛のオブジェ


3時からのトレドへのバスツアー、集合場所へ行く前にスペイン広場に寄りました。
ヤセ馬ロシナンテに乗るドン・キホーテと従者のサンチョ像は観光客の撮影スポットらしい。
外人さんカップルに写真を頼まれて、私達も撮ってもらいました。
スペインでは、こうして写真を撮ってください、と言われることが多かったです。
皆さん、とてもリラックスしていていい表情。
この像の後ろには作者、セルバンテスの像が。もっともっと大きかったです。
スペイン広場

  1. 2009/03/02(月)|
  2. スペイン旅行記 2009年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

マドリッド -1- 

2月12日(木曜日)
バルセロナ サンツ駅発10時の新幹線AVE(アベ)二等でマドリッドへ。この新幹線、昨年の2月に開業したばかり。
3時間ちょっとの時間、前日の睡眠不足を取り戻そうと思ったのに、なぜかうとうとするんだけど眠れないのです。
バルセロナ サンツ駅 ホーム

スペイン 新幹線

車内
昨年のイタリアで乗ったユーロスターも二等だったけど座席もゆったりで座り心地よかったのですが、こちらはあまりよくありませんでした。

ホテルは「ウエリントン」
チェックインしてからランチを食べに地下鉄に乗っていざ、街中へ!

スペインは肉料理がイマイチだけど子豚の丸焼きは美味しかった、とスペイン通のSiestaさんに聞いていたのでガイドブックにも必ず出ている「ボティン」(Botin)へ。
1725年開業のヘミングウェイも通ったという世界最古のレストランです。
 
ボティン

ボティン

   ボティン

お店の方たちは日本人もよく来るのか、すごくフレンドリーでした。

   にんにくのスープ
セットメニューで2人分オーダーしました。
まず、にんにくのスープ。美味しいけどしょっぱい!パンがどろどろ…
がんばったけど完食できず…

   子豚の丸焼き
バルセロナでもそうでしたが2人前くらいの料理は取り分ける前に見せに来てくれます。

子豚の丸焼き アイスクリーム
皮がぱりぱりしていて北京ダックのようなもの、とSiestaさんが言ってたので期待大!
ところがこのあたりから自分の体調の悪さに気付き始めました。
なんとこの好き嫌いがほとんど無い、食べるの大好きな私がちょっと食べてみて、これはダメ!って…
皮の下の黄色い油が受け付けない。肉は豚というより鶏の胸肉のような感じ…(体調が良かったらどうだったんだろう)
少しでも減らしてから残そう、と思ってがんばるけど冷や汗が出てくる感じ。情けないったらありゃしない!
けっきょくほとんどを残し、さげてもらうときのバツの悪いこと。(娘は体調は悪くなかったけどやっぱり多すぎて半分くらい残してました。)
デザートのアイスクリームがまた甘すぎ!これを完食するのはごうもんのようなもの。
これもまた半分も食べられませんでした。
78.80ユーロ(スペインで一番高かった食事)を払って逃げるようにお店を出た私達って!(涙)
(Sistaさん、名前出してゴメン!このことは自己責任であることはわかってるからね!)

体調が悪いのでタクシーで帰ることに。
その前にすぐ近くのマヨール広場を通ることに。ちゃんと1枚、シャッターを切るブログ魂!(笑)
フェリペ三世の像が立つ、すごく広~い広場でした。ヨーロッパには広場がたくさんあって、市民の憩いの場になっているようです。
広場の定義は周りが建物に囲まれていることだそうです。
マドリッド マヨール広場
ホテルにタクシーで戻ったのが4時頃。熱が37.8度あって、すぐにベッドに入って寝たけど途中、寒気でセーターを着込み、毛布を出してきてすっぽりかぶって顔も洗わず延々朝の6時まで寝ました。寝汗をかいてぐっすり眠ったので朝にはすっかり治って完全復活です!
その間、娘は一人でどこかへ行ってみようと思ったらしいのですが、ベッドに横になったら寝てしまったとか…
まったく付き合いのいい娘です。枕があればすぐに眠れると豪語してましたっけ…(笑)
旅行で眠れなくなってしまう私はそんな娘が羨ましい!
体調を悪くしたのは睡眠不足が一番の原因ですから。

後日談=ガーデンソイルのTオーナーにこの話しをしたら「子豚の丸焼きは普通、食べないでしょう!」って、大笑いされてしまいました。へこみましたね~(爆)

  1. 2009/02/27(金)|
  2. スペイン旅行記 2009年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ