春を待つ庭から
信州からのバラ便り。時々、猫たちのようすも…

大好きなバラ

* Alfred de Dalmas *
アルフレッド・ドゥ・ダルマス(モス) 1855年  (別名)ムスリーヌ  返り咲き

2003年春に裸苗(輸入苗)からのスタート。
中輪、半八重でゆるゆるっととした咲き方がなんともはかなげで目が離せません。一つ一つがちょっと違って見えませんか。完璧にロゼット咲きが並ぶのも壮観ですがこんなふうに乱れて咲くのも好きです。
透明感のある淡いピンク色の花びら。白く退色していく過程のグラデーションがまた美しいです。蕊の黄色が見え隠れしてる姿もいいですね。葉が小判型で可愛いのも特徴。本当にモスローズ?というくらいに苔は少ない。
5年も育てているのに大きさは毎年1メートルちょっと。あまり暴れず小さなブッシュでまとまってくれます。
あまりいい写真が無かったのが残念。写真より実物のほうがずっときれい!と思うバラなんです。6月上旬から10日間くらい咲いていました。返り咲きがぽつぽつとあります。

アルフレッド・ドゥ・ダルマス

   アルフレッド・ドゥ・ダルマス

アルフレッド・ドゥ・ダルマス

アルフレッド・ドゥ・ダルマス

   アルフレッド・ドゥ・ダルマス

   アルフレッド・ドゥ・ダルマス


  1. 2008/01/16(水)|
  2. モス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4