春を待つ庭から
信州からのバラ便り。時々、猫たちのようすも…

紫玉 Shigyoku

春の開花時に紹介できなかったバラを今頃アップしています。今現在、このように咲いているわけではありません。

紫玉 (ガリカ)  一季咲き  明治時代に日本で実生から誕生したバラ
(撮影は5月下旬から6月中旬)

2005年新苗から育てています。3年目に少しのお花が咲きました。4年目の今年、やっとこれくらいの花付きです。来年はもう少し咲いてくれるかな、と期待しています。
同じガリカのカーディナル・ド・リシュリューと似た雰囲気ですが紫玉のほうが花色は明るくお花も4センチくらいで小さめ。
株元から細めのシュートを長く伸ばし、途中からもよく分岐します。半ツル性なのでオベリスク仕立てにしています。
棘もきつくなく、黒点にも強い育てやすいバラのように感じます。

紫玉1 紫玉9

紫玉3

     紫玉4
日本で生まれて漢字の名前が付いているせいか「和」を感じます。
花びらの数が多く、咲き進むにつれて反り返り、名前通りの玉になります。上手く玉になれず三角だったり変形して咲いたバラも多かったです。紫といっても赤味が強く、もっと渋めのバラだと思っていたのに意外でした。小さくて可愛いバラです。

紫玉5
ERのヒーローと。ヒーローの咲き始めは大きすぎですね。

     紫玉6

紫玉7

     紫玉8
上のバラはタウゼントシェーン

  1. 2008/09/15(月)|
  2. ガリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大好きな縞のバラ

* Camaieux *
カマユー(ガリカ) 1830年  一季咲き

2006年、春、新苗から育てて初めての開花でした。樹形は横張りで、枝が細いので花の重みで枝垂れて咲きます。
花弁数はバリエガータ・ディ・ボローニャよりは少なくロサ・ムンディより多いと思います。
縞、というよりは絞りと言ったほうが的確かもしれません。本や検索で出てくる写真より紫がかったピンクの地の色が多く出て咲きました。今年はどうでしょう。とても楽しみなバラです。

カマユー

カマユー

カマユー


  1. 2008/01/22(火)|
  2. ガリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

大好きなバラ

* President de Seze *
プレジデント・ドゥ・セーズ(ガリカ) 1840年 一季咲き

2004年春、大苗で植えて、始めの年はいいとしてもその後2年もだんまりだったのに今までのことを帳消しにするくらいよく咲いてくれました。(こんなことは私の庭では珍しい)
ピンク、マゼンタ(赤紫)、ライラックと混色していて中央が濃く、色のグラデーションが美しい。
蕾のときは高芯咲きでクラシカルな姿にうっとり。開いたときの自由気ままさとのギャップが楽しい。
葉は明るい緑色でとてもきれい。アルバの灰緑とはまた違った魅力があります。黒点に強く秋遅くには紅葉します。(真っ赤ではありませんが)
6月始めから2週間くらい咲いていました。

プレジデント・ドゥ・セーズ

   プレジデント・ドゥ・セーズ

   プレジデント・ドゥ・セーズ

   プレジデント・ドゥ・セーズ

プレジデント・ドゥ・セーズ

   
プレジデント・ドゥ・セーズ

こんなに咲いてくれることを期待してなかったので回りに草花をたくさん仕込んでしまいました。
シノグロッサム・ミステリーローズ、シレネ・ブルガリスなどが咲き乱れています。

  1. 2008/01/10(木)|
  2. ガリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

大好きなバラ

* Cardinal de Richelieu *
カーディナル・ドゥ・リシュリュー(ガリカ) 1840年  一季咲き

2001年11月に市内の園芸店で購入。インターネットを始める前のことで、オールドローズの購入方法をいろいろ探っていた頃でした。
ピートモスに簡単に包まれただけの裸苗をわくわくしながら大事に持ち帰りすぐに地植えした思い出のバラです。
本館サイトの2004年の写真も見てくださいね。

カーディナル・ド・リシュリュー

カーディナル・ドゥ・リシュリュー

カーディナル・ドゥ・リシュリュー

カーディナル・ドゥ・リシュリュー

カーディナル・ドゥ・リシュリュー

カーディナル・ドゥ・リシュリュー

カーディナル・ドゥ・リシュリュー

カーディナル・ドゥ・リシュリュー

カーディナル・ドゥ・リシュリュー

5月26日~6月12日撮影。一季咲きですが3週間咲いてくれたら充分です。気難しい四季咲きにやきもきするより、よほど一季の花付きの良いバラが好きです。
ほどよい大きさのブッシュで樹形がまとまりやすく育てやすいバラなんですよ。
なんと表現したらいいのでしょう、この紫は。咲き進む過程や光のかげんで微妙に変化します。
花びらの数は多いほうですがボーリングすることはほとんどありません。
完璧に整ったロゼット咲きじゃないのもご愛嬌です。近くに植えているブルームーンとバレリーナとの相性も良かったかな、と自己満足してます。


  1. 2007/02/06(火)|
  2. ガリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10