春を待つ庭から
信州からのバラ便り。時々、猫たちのようすも…

ヤマガラ

今日の長野市 最低気温  11.8° 最高気温 16.1° 雨

月曜からずっと雨模様。
やりたい庭仕事は山とあるのに困るわ。

先週末の写真ですが…
このところ、この鳥が毎日、庭にやってきて、エゴノキの実を食べてます。
検索してみると「ヤマガラ」とわかりました。
人間がいてもわりと平気。人懐っこいみたい。
可愛い鳴き声に呼ばれて、ついつい庭に出てしまいます。

ヤマガラ


      ヤマガラ


ヤマガラ


   ヘンリーヅタの実
この鳥さんには、さきちゃんとはると君が実を運んできます。(ヘンリーヅタの実)


だんだん開いてきたグロブラリア・ブルーアイ
グロブラリア・ブルーアイ

       グロブラリア・ブルーアイ
蜂も必死で蜜集め



  1. 2014/10/22(水)|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

暑中お見舞い

暑中見舞い
今日も暑かったです。
涼しげな白バラをどうぞ!

チャリティ
チャリティ
庭でよく見るハナグモ(人面グモ)です。いろんな顔に会いますけどなかなかハンサムな子はいないのよね~

パット・オースチン
パット・オースチン
あまりの暑さにこんなふうに花びらがちりちりになってしまいます。
朝一番に摘んでしまったほうがいいかもしれませんね。
暑くなってバラの黒点病が急に広がってしまいました。
皆さんのお庭のバラはお元気ですか?


  1. 2007/08/03(金)|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

メジロの栄巣、その後

小鴨

6月14日に夫と須坂の田中本家へ行ったときに写した池の子鴨たちです。
親鴨に見守られながら5羽の子鴨がまだ頼りなげによちよち歩いているのが微笑ましくて…

さて、我が家の玄関ポーチのバフ・ビューティの枝の上で巣作りしたメジロですが、10日くらい前の夕方、親鳥が巣に戻ってきたとき激しく鳴いてバタバタ低く飛びまわり興奮した様子でした。何か異変を感じてのことだったのはすぐにわかりましたが、やはりその後、親鳥は姿を見せなくなりました。
今日、バフ・ビューティの花柄摘みをするために脚立を立てたので、今まではこわくて見れなかった巣にそっと手を入れてみたらなんと3個の卵は消えていました。
毎日、いつ雛が孵るのか楽しみにしていたのに天敵にでもやられてしまったのかもしれませんね。
あの親鳥の悲しそうな鳴き声が今も耳について離れません。

旭川から東京勤務になった夫が今、休暇で長野に居ます。夫婦どちらかが50歳以上なら千円なので「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」を観てきました。
3時間は長すぎです。私、不覚にも途中のある部分、記憶がありません。
明日ももう1本、観に行ってきますがどうなることやら…

  1. 2007/06/18(月)|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

メジロの巣

blog070524mejiro

先日、玄関ポーチの柱とバフ・ビューティの枝を利用して鳥が巣を作ったのを発見!
卵を確認したら小さな親指大ほどのものが3個。親鳥の気配が無かったので生み捨ててどこかへ行ってしまったのだろうと思っていました。
ところが今日の夕方、すーっとメジロ飛んできて巣に入りました。メジロの卵だったのです。
ツバメは泥で作るので違うと思っていましたが、はて? 鳥に詳しくない私は他の鳥を思い浮かべることができませんでした。
やっとメジロとわかり、可愛いオメメを見ることができて一安心。あとは見守るだけですね。

  1. 2007/05/24(木)|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

ヒヨドリ日参

ヒヨドリ

家の中から撮った写真です。
ぼけた林檎を置くようになってヒヨドリがしょっちゅう来ます。猫たちが小声で鳴いて教えてくれるのですぐわかります。
以前はムクドリ、ツグミ、シジュウカラも見ましたが最近はヒヨドリの天下です。
そうそう、昨日、鶯の初音を聴きました。

ヒヨドリ

お腹いっぱいになっても、しばし休憩と決め込んで、のんびりしたものです。
庭は南向きで、塀も無く、すぐ市道です。左に行くとすぐに行き止まりの道なので車は近所の方か宅配便などしか入ってきません。
車2台の駐車スペースを取っているので植栽部分は狭いんですよ。右に見えるコンテナでミニトレリスに誘引しているバラは「夢乙女」です。知り合いの方に頂いて挿し木したものが大きくなりました。今年は是非、アップしなくては…

  1. 2007/04/11(水)|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ