春を待つ庭から
信州からのバラ便り。時々、猫たちのようすも…

元気なイングリッシュローズ

* Evelyn *
エブリン 1991年  返り咲き

2004年にはオベリスクの上まで届いていなかったのが2005年にちょうど収まって、2006年のこの写真ではけっこう暴れています。
直立性なので4年もすると枝が太くなってオベリスクに巻くことは難しくなりますね。
でも、きっちり仕立てるより枝先が遊んでるバラがあってもいいような気がします。
バラの説明は2004年の通りですが秋にも少しだけ咲くようになりました。↓2006年6月5日~13日に咲いていたバラ

エブリン

エブリン

エブリン

エブリン

エブリン

暖かなところではもうバラが咲き出していることでしょう。
今頃、昨年のバラをアップしてるなんて困ったものです。
でも、もう少しここに記録しておきたいバラがあるので続けますね。
元気の無いものもあって、余裕があったらそんなバラもアップしていきたいです。


  1. 2007/04/06(金)|
  2. アプリコット系ER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元気なイングリッシュローズ

* Pat Austin *
パット・オーオースチン 1995年  四季咲き

バラを始めた2000年に植えたバラです。その当時住んでいたのは社宅でした。(川崎から長野に転勤で引っ越して4年目)ハーブ栽培に夢中でしたが、この年にバラにはまってしまい、10本くらいのバラを植えました。
縁あって翌年に同じ長野市内に家を建て、新しい家の庭に真夏、移植した思い出のバラです。
まさかここまで大きくなるとは思わず目立つ場所に植えてしまいました。
未だにこの色に悩みます。でも、バラの季節、見に来てくださる方たちの人気者。昨年の7月に亡くなった父も一番いいバラだと…
とにかく元気でよく咲いてくれます。作出者のデビッド・オースチン氏が妻の名前を付けたバラなんですよ。強い思い入れがあったのでしょうか?
2003年のようすです。

パット・オースチン

パット・オースチン

パット・オースチン

パット・オースチン
この4枚は5月30日~6月8日

パット・オースチン

パット・オースチン

パット・オースチン

パット・オースチン
この4枚は7月~11月


  1. 2007/04/03(火)|
  2. アプリコット系ER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

元気なイングリッシュローズ

* Charity *
チャリティ 1997年 返り咲き

2003年春に届いた裸苗は不調なものが多かったのですがこのチャリティはその中では順調に育ちました。
パット・オースチンの強烈なカッパー色をカバーしようと思って隣に植えたのは良かったようです。
半ツルになるイングリッシュローズの多い中、しっかりした木立性です。
コロンとした蕾から開ききると浅いロゼット咲きに。ジェーン・オースチンによく似ていますが夏にもよく咲いてくれるのはチャリティです。
一番花は5月末から10日間ほど咲いていました。
2004年のようす

チャリティ

チャリティ

チャリティ

チャリティ

チャリティ

チャリティ

チャリティ
なんだか写真写りがよくありません。もっときれいなお花です。

  1. 2007/04/02(月)|
  2. アプリコット系ER
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8